仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊賀上野食い倒れの旅 「松尾」のなめこおろし♪

<<   作成日時 : 2016/12/03 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
「金谷」の仲居さんに教えて貰った美味しいらしいお蕎麦屋の「松尾」。僕の悪い癖で「我流庵」に行くつもりだったのに、奨められると確かめないと気が済まなくなって

「我流庵」は次回にしようとNaviを「松尾」にセットしました。

しかし伊賀市は合併でやたら広くなっているから

同じ市内なのに「松尾」までは14kmと遠いです

そしてやって来た「松尾」には車がいっぱい止まっていたので

なるほど有名なんだということは分かりました。

しかし、僕はその広い駐車場と玄関のモダンな黒仕立てを見て

「これはもしかしたら」と悪い予感がしたのです。

それならその場で引き返せばよいものを、

最近の僕はとっさの機転に衰えが目立つのです

画像

ちょっとヤな感じで店内に入って行くと、

近所のおっちゃん、おばちゃん達でほぼ満席の盛況でした。

僕は案内されるでもなく、空いていたカウンター席を確保しました。

こちらは家族経営なのでしょうか?

年代の違う女店員さんがたくさんいたけれど

伊賀の女の特性なのかそうではないのか

みんな愛想は良くなさそうです。

それにお蕎麦の種類も少なさそう。

僕はお品書きの中から消去法でなめこおろし蕎麦を選ぶと

目の前に並んだそば湯用の大きな伊賀焼の器を眺めながら

僕の順番が来るのを静かに待ちました。

画像

常連さんとお喋りしながら、それでも手だけは動かしているものの

客を待たせているという意識の薄い店主殿は

かなりの時間僕を伊賀焼の器とにらめっこさせた挙句

次は「なめこおろしか」とか言いながら蕎麦を湯がき始めました。

まあこの辺りは僕の主観ですから、

本人がどんな気持ちで仕事をしていたかは分かりません。

そしてゆで上がったお蕎麦になめこや大根おろしを乗せて

仕上げをするのは年端の行かない若い女の子でした。

この子がまた回転寿司の機械でにぎったシャリに

ネタを乗せるような

計ったような仕草でなめこや大根おろしを乗せるので

それを見ている方は美味しさも半減です。

そして出て来たなめこおろし蕎麦は、

ぶっかけなのにつゆが少ない。

蕎麦の量に対してなめこや大根おろしが少な過ぎる。

そしてお蕎麦もそんなに美味しくはない。

ヘレンケラーもかくやと思われる三重苦に見舞われた僕は

それでも我慢して食べ終えると、

お勘定を早々に済ませて退散しました。

しかし、このままで帰る訳には行かなくなりました。

画像

さて、蕎麦出しの手際の悪さは兎も角として、

全体のバランスを欠いたお蕎麦は、これはいけません

何が気に障ったのか、いやはや、久し振りのぼろくそです(^-^;

まあ、お蕎麦の良し悪しは専ら食べる人の主観ですから

あくまでも個人的な感想ということで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
この三重苦は…その前が美味しかっただけに、残念ですねーーー☆しかし達さんのアンテナ、健在ですね、嫌な予感…(笑)山口も合併でやたら広いですが、伊賀も広くなって、口直しに良いお店がどこぞにあるやも知れません!まあ見つけるのが至難ですが…やはり我流庵…?と頭をかすめましたが…けいつ〜さん風に、乞うご期待!(笑)
こりす
2016/12/03 05:00
ウ〜ム、今回は残念な結果に終わったのですね。でも、奨められたらやっぱり試して見ないと本当に良いか悪いかわからないので、今回は今後の参考としましょう。(笑)
このままで帰る訳には行かなくなった、ということは、新たな光が見えてきたのでしょうか?
櫻弁当
2016/12/03 06:20
あぁ、先日の草津での私と同じような感じでしょうか。客を待たせるという意識が薄いのは、本当に腹たちますよねぇ。客商売なんだから、料理がおいしいだけじゃなく、客をもてなす・・・食事の前と後でも気持ちよく過ごしていただく・・・というのが飲食店の基本だと思います。

しかし、伊賀上野食い倒れの旅・・・・食い倒れは大阪かと思ってましたが、こういう理由で・・・・もう一軒行かねばならなくなったんですね。

なめこおろし蕎麦って・・・アリですか?シンプルに蕎麦だけ・・・じゃないんですね。ヘレンケラーの三重苦並みの蕎麦だったのは・・・残念ですねぇ。お店にはあたりはずれがあります。

これはもう前フリもありましたんで「我流庵」でしょう。
ははは。わたし風に、次回乞うご期待っ!
けいつ〜
2016/12/03 08:36
こりすさん、他人を安易に信用してしまうリスクというのはこういうことです(笑)
自分で言うのも気が引けますが、健在でした。凄いです
そうです。これは我流菴に賭けるしかないと思って広い伊賀市を引き返しました。
乞うご期待☆

2016/12/03 09:09
櫻弁当さん、やはり知ったからには確かめてみないと気が済まなくて(^-^;美味しい不味いはたまたまの結果ですからね。
このまま帰れなくなったので、4軒目になるけど原点回帰することにしました。

2016/12/03 09:19
けいつーさん、そうそう。僕が怒っているのは将にそこなのですよ。幾ら今かの蕎麦屋だとは言えこれだけ客が集まっているのならそれなりに対応せいっってところです。
僕の場合悲しいことに食い倒れは時と場合を選ばないようです(笑)
なめこおろしってのはある意味定番で、京都でも時々見掛けます。とは言ってもこんなに不味いものではないんですよ。
やっぱり店主は釜揚げばっかりしているんじゃなくて、自分で最後まで精魂込めて作らなきゃいけませんよね。
まあ当たり外れは織り込み済みなので、次回の我流菴に乞うご期待です(^^)v

2016/12/03 09:29
達さんにしては、本当にぼろくそでしたね!
これが1軒目で、お腹が空いている状態だったら、少しは評価も違ったのかな?
しかし、店主の仕事に対する態度といい、仕上げの若い女の子はいただけませんねww
夢の配達人
2016/12/04 19:43
こんばんは。
本当に見るからにお出汁が少ないですね。
これはつゆの少ない天丼に遭遇したときの悲惨さに負けず劣らずな不運です。
地元の常連さんが殆どな商いをしてるからといって商いに必要な心構えが稀薄になってしまっているのでしょうか。
このあと我流庵へ行かれたのでしょうか。たぶん。いえ、きっと。
テンプル
2016/12/04 22:50
夢さん、味ならここまで言わないのですが、接客や作る姿勢なんかに問題があると、つい激高してしまいます(笑)
いやいや、何軒目でも態度が悪いのはいけません。
かなり問題ありでしたね。

2016/12/05 00:58
テンプルさんもそう思うでしょう?
お蕎麦の量と全くバランスが取れてないのです。
天丼でもお蕎麦でもおつゆの少ないのは首がないのと一緒ですよね。
常連さん相手に流行っているから一見はという雰囲気でした
立ち食いソバじゃないんだから(笑)
我流菴に行ったというより、行かざるを得なかったというのが正解です

2016/12/05 01:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊賀上野食い倒れの旅 「松尾」のなめこおろし♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる