仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊賀上野食い倒れの旅 伊賀牛の「金谷」でひとりすき焼き♪

<<   作成日時 : 2016/12/02 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
「土居」を後にすると、すぐに伊賀牛すき焼きの元祖「金谷」に向いました。「金谷」には由香ちゃんと来て以来ですから、ほぼ3年振りのことでした。そんなに間隔があいていても

それでも決して常連さんのような態度を崩さない僕は

暖簾の掛かった方の入口から入って行くと

横手にある精肉売り場で、「やあ、お久し振り」とか言いながら

まず持ち帰り用のお肉を注文しました。

画像

そして店員さんに「帰る時に受け取るから」と伝えると

2階に上がる階段を悠然と登って行くのでありました。

画像

2階に上がると、廊下の向こうの溜まり場から

仲居さんが飛ぶようにやって来て

「桐本」という名の座敷に案内してくれました。

この仲居さんは顔見知りという訳ではないのですが

見覚えのある方でした。

画像

因みに「桐本」とは地元の「鬼行列」という

だんじり祭りの引き鉾の名前なのだそうです。

忙しい時は仕切りを立てて使うのでしょう。

部屋にはテーブルが2卓ありましたが、

寂しいことにこの日は1人で使えました。

画像

さて、「何にしょうかな?」と仲居さんが開いてくれたお品書きを

取り敢えず見るふりをしたものの

「金谷」に来たらもちろんすき焼きに決まっています

画像

暫く待つと最初に野菜のお皿が運ばれて来ました。

やっぱり1人前だとお皿も寂しそうです。

画像

そしてお肉がやって来ました。

たったの3枚では心細いこと夥しかったものの

腹八分がモットーの僕は、「これで良いのだ」と思って我慢しました。

画像

「生卵を割っておいて下さいね」と仲居さんに言われたので

大人しくその指示に従って待っていると

仲居さんがお肉を焼き始めました。

画像

こちらでは最初にお肉を1枚焼いて

お肉だけを生卵でとじて食べさせるのが習わしです。

画像

しかし仲居さんに任せたお肉は焼き過ぎでした。

「これは如何にももったいないな」と思った僕は

「後は自分で出来るから」と言って

仲居さんに下がって貰おうとしましたが、

仲居さんには仲居さんの都合があるのでしょう。

なかなか下がってくれません

画像

「この後お城にでも行かれるのですか?」と聞かれたので

「いや、お蕎麦を食べてから帰るつもりなんだ」と話すと、

「松尾のお蕎麦は美味しいですよねぇ」と

如何にも僕が「松尾」に行くものだと思い込んで話をするので

僕の頭は「松尾に行かなければならないんじゃないか」という

迷いが生じてしまいました

仲居さんが野菜をセットしてくれたところで

再び「あとは自分でするから、生卵を1個持って来て」と

用事を作ってあげて、ようやく1人になれました。

画像

自分の好みはこんな感じです。

これでも少し火を通し過ぎでしたが、

いずれにしても伊賀牛は旨いです

画像

牛肉が3枚しかないので、最後の1枚は追加した生卵を使って

牛丼風を作りました

この牛丼は「吉野家」や「神戸ランプ亭」の牛丼より

確実に美味しかったです

画像

そして残りの野菜をきれいに平らげて、お漬物も片づけると

「いやー物足りないけど美味しかった」と大きな伸びをして

お勘定を済ませるために部屋を出て、階段を下りて行きました。

「肉の横綱伊賀牛」、もしかしたら本当かも知れません

画像

持ち帰り用の牛肉を受け取る時、

「少しだけ駐車場に車を止めておかせてね」とお願いして

斜め向かいにある伊賀組み紐の「藤岡」をちょっと覗きに行きました。


画像

この後「松尾」に行ってしまったことが

禍福は糾える縄の如しとはよく言ったもので

この小旅唯一の後悔のとなるのです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
すき焼き美味しそう〜〜〜そういえば久しく食べていません!!食べねば!!すき焼きも東西で作り方が違うそうですが、ここはまた面白いですねーー砂糖いきなりかけてます?(笑)逆に味付け難しそうです〜〜☆お肉三枚はほんと寂しかったですね、よく我慢されました!!(笑)それにしても、あ〜美味しそう。デザートにあたるお蕎麦は失敗…?あの仲居さんは松尾のまわしものだったのでせうか☆(←松尾、と見ると松尾ジンギスカンが食べたくなりました。でも親に言うと、内地の人はなんでみんな松尾、松尾って言うんだ!って絶対送ってくれないんですよね。でも札幌にいたときは食べなかった松尾も、なぜか本州にいると食べたくなるのです・笑・余談、長すぎました)
こりす
2016/12/02 05:01
こりすさん、僕もすき焼き久し振りでした。1人すき焼き美味しかったですよ。何しろお鍋ひとり占めですからね
関西のお店ではいきなり砂糖を掛けることも珍しくないのですよ。もちろん割り下を掛ける場合もありますが。
お肉はほんと残念でした今回はまだお蕎麦を食べに行くことになっていたので我慢しました(笑)
松尾、ひどい目に遭いました(^-^;
確かに北海道には美味しいジンギスカンがたくさんあるのに、内地の人気は松尾のジンギスカンですね。
北海道七不思議の1つです(笑)

2016/12/02 08:23
何というか歴史を感じさせるお店のつくりですね。
そういうところで、一人すき焼き、いいですね〜。霜降りになったお肉美味しそうです。これはやっぱり火が通るか通らないかというところをサッといただくのがよさそうな気がします。
中居さんに用事を作ってあげて(追っ払う)のはさすがですね。人の使い方を知っておられるということですね。
櫻弁当
2016/12/02 08:58
櫻弁当さん、伊賀上野は藤堂高虎が築城した城下町で松尾芭蕉の生家も残っている町ですから、今も歴史を感じさせるものがたくさん残っています。
そうそう、しゃぶしゃぶも同じですが微妙な加減で美味しくも残念至極にもなるんですよね。
仲居さんも部屋でお客さんの相手をしている時が僅かな自由時間なのでしょう(笑)
でも、気の毒だけど去って貰いました

2016/12/02 14:15
伊賀と甲賀の忍者ものは知っていますが、伊賀ではお蕎麦然り、すき焼きの美味しいところもあるのですね!
伊賀牛は知りませんでした・・・。
ヽ( ´∇‘)ノも、肉の焼方はレアくらいが好きですね♪
やはり、いい肉はあまり火を通しちゃいけませんな^^
このお店のすき焼きは、8,000円弱みたいですが、妥当なところなのでしょうか?
夢の配達人
2016/12/04 19:39
こんばんは。
すき焼きが美味しそうですね〜。
三重のお肉といえば松阪牛だけだと思っていたら伊賀牛というのがあるのですね。しかも横綱級だったとは!
これだから無知なボンボンビー女はダメなのです(泣)
で、この中居さんの一言が達さんの運命を左右してしまったのですね。
テンプル
2016/12/04 22:30
夢さん、忍者は甲賀に負けていますが、伊賀牛は飛び切り美味しいんですよ。
お蕎麦がこんなに美味しいところだということは今回初めて知ったのですが。
肉はやっぱりレアですよね。
この量だと松坂牛なら1万円くらいですから伊賀牛は若干安いと思いました。

2016/12/05 00:44
テンプルさん、こんばんは。
確かに三重県なら松坂牛が一番最初に思い浮かびますね。
でも、この誰も知らない肉の横綱伊賀牛は結構美味しいのですよ。
いやいや、テンプルさんは「和田金」で極上すき焼きばかり食べておられるので伊賀牛なんか知る必要がないだけなのでしょう
そう、仲居さんの言うことをむやみに信じちゃいけません(笑)

2016/12/05 00:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊賀上野食い倒れの旅 伊賀牛の「金谷」でひとりすき焼き♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる