仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 西院 「むら木」の牡蠣そばと粗挽き♪

<<   作成日時 : 2016/11/26 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
予てよりいつか行ってみたいと思いながらも、これまで何故か縁のなかった西院の「むら木」。先日ようやく訪れることが出来ました。京の下町西院にあるこのお蕎麦屋さんは、

実はミシュランの☆持ちなのです。

どんなお蕎麦が出て来るのか興味津々の僕は

開店時間早々の満席を予測して

かなり早めに自宅を出ました。

そんなことで、到着したのは開店時間の30分前。

「支度中」の札の下がったお店の前で

女将さんが静かに箒を使っておられました。

なかなかよろし。

画像

30分ばかり喫茶店で時間を潰して戻ってみると、

老人ペアの待ち客が。

どうやら噂を聞いてやって来た一見さんのようでした。

そしてまもなくドアが開いて

細面の女将さんが僕たちを店内に招き入れてくれました。

画像

店内は手前に4人掛けと2人掛けの相席テーブルがあって

僕が案内された一段高い板敷きの長いテーブル席は9人掛け。

全部が相席のようでした。

画像

暫く待っていると、先客の対応を終えた女将さんが

そば茶と揚げそばを携えて注文を取りにやって来ました。

この頃になると三々五々と言った感じでお客が増えて

17ばかしある席はほぼ満席になりました。

画像

僕はお品書きを手に取ると、先ず粗挽きを選んでから

さて何を食べるかと暫く考えた末に

天婦羅の6種盛と鴨南蛮を注文しました。

画像

しかし、女将さんが厨房に注文を通す声が聞こえた後で

ふと壁を見上げると、

そこには季節の牡蠣そばの貼り紙が

僕は慌てて立ち上がると、わざわざ厨房まで出向いて、

「鴨南蛮を牡蠣そばに変更して貰えるかな?」と尋ねました。

鴨南蛮も食べたいけれど、ここはやっぱり牡蠣そばでしょう

画像

そこで気づいたことなのですが

こちらは定番メニューの外に、壁に吊られたボードなどに

その時々のそば前のあてになるいろんなつまみが書いてあります。

車でなかったら、オイルサーデンで冷や酒なんかも良さそうです♪

次回は是非そうしたいものです。

画像

運ばれて来たそばつゆに口をつけてみると

濃厚ながらさっぱりとしたキレを感じました。

これはなかなかイケそうです♪

画像

そしてまずは天婦羅盛りから。

たねはご覧の通りで、黄色と赤のパブリカが珍しいかも。

衣のつけ方や揚げ具合ともにかなりの域だと感心しました。

素材のホクホク感が損なわれていない天婦羅は実に貴重です。

なかなかよろし。

画像

そして粗挽き。 見事な細切りです。

まずは何もつけずに食べてみました。

それからご丁寧に好きでもない塩で(^-^;

そして残りはそばつゆに半分ばかり浸して食べました。

なかなかよろし。

画像

そば粉の産地は音威子府だそうです。

この粗挽きは驚くほど美味しいという訳ではないけど

新そばの香りもふくよかで、コシの固さも心地よい

十分にその実力が分かるお蕎麦でした。

画像

そば湯はトロッとした飲み心地の重湯タイプでした。

でも、早く牡蠣そばが食べたいので、

早々に飲むのをやめてスタンバイです。

画像

そして牡蠣そばが運ばれて来ました。

牡蠣は大粒が3つ。

鴨南蛮よりも50円高いのが納得出来るふくよかさです。

まず一番大きい牡蠣から手をつけました。

これは旨い!

次にお蕎麦を食べてみました。

十割そばを温かい出汁で食べた時に感じる

あの独特の粘りつくようなもちっとした舌触り...

これは旨い!

次にお出汁を飲んでみました。

牡蠣のエキスと柚子の香りが混ざり合ったこのお出汁

実に美味しい

画像

牡蠣とお蕎麦を食べ終わった後、

残ったお出汁を少しずつ飲んでいるうちに

これを残して帰るのは如何にももったいないという気になって

気がつけば見事に完飲していたのでありました。

画像

いやはや、美味しかった♪

二色や桜エビのかき揚げ、鴨の柳川...

食べてみたいものも沢山あるから

「また近いうちに来なくちゃ」と思いながら

女将さんにお勘定をお願いすると

まだ食べたりない気持ちを抑えて席を立ちました。

「むら木」はお蕎麦も天婦羅もなかなかよろし

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
んまあ〜〜悶絶モノですね…!さすが☆付きというべきか…まして思えば美味しい時期ですね!鴨と牡蠣と迷える幸せ♪あら…鱧まであります?それにしてもやはり見るからに美味しそうなお蕎麦ですね!お見事!!その前に音威子府ってちょっとビックリな…(笑)村ですよ(笑)すごいですねえ、食べてみたくてもちょっと食べられないですよね〜〜こんな☆つきのお蕎麦屋さんが買ってるんですからすごいですね、どういうルートなんでしょ。
こりす
2016/11/26 05:07
蕎麦はこんな風に皿に盛ってくるのもありですか。この蕎麦はおいしそうですね。
鴨汁はいいですが、メニューにはイベリコ豚つけ汁ってのもありますね。びっくりです。牡蠣そばというものもあるんですねぇ。ちょっと食べてみたいですねぇ。

それにしてもさすがミシュランの星持ちだけありますね。おしゃれでおいしそうです。
けいつ〜
2016/11/26 11:16
こりすさん、そうそう悶絶。久し振りに納得の新規でした
やっぱ☆付はお店もお客も緊張感が漲ってますね。
鴨と牡蠣。両方食べる奥の手もあったのですが、やっぱ☆持ちに下品な奴と思われたら困るので、お上品にしておきました
音威子府は蕎麦の産地としては業界では有名なところなんですよ。きっと「山吹」でも使っていると思います(笑)
恐らく生産農家と契約しているんでしょうね。

2016/11/26 22:11
けいつーさん、皿盛は結構多いですよ。先日も伊賀上野でお蕎麦を食べたら、伊賀焼のお皿で出て来ました。
こちらは流石に美味しかったです。
メニューにいろいろありますでしょう?これからが楽しみです♪
牡蠣そばは季節のものですが、お出汁に牡蠣のエキスがしみ出して、独特の美味しさがありますね。
ミシュランらしい雰囲気を醸し出した気持ちの良いお蕎麦屋さんですよ。

2016/11/26 22:18
ミシュランの☆って
信用できそうですね♪

とても参考になりましたm(_ _)m (笑)
純子
2016/11/27 11:04
純子さま、それなりの信頼は置けそうです。
京都のお蕎麦屋さんでミシュランの☆持ちは何軒もあるのですよ。
でも、どうせ日本人の代理人が手先になって調査しているのでしょうから、個人的な嗜好が影響していると思いますm(__)m

2016/11/27 14:26
達さんべた褒めのお蕎麦でしたか♪
さすが、ミシュランの☆だけのことはあるんですね♪
ヽ( ´∇‘)ノも、今日熊本県の小国までお蕎麦を食べに行ってきましたが、達さんが召し上がられた蕎麦とは、全然違いますね・・・。
こういうお店で、蕎麦が食べたい( ̄ρ ̄)ジュル
夢の配達人
2016/11/27 18:50
夢さん、ミシュランだから美味しいと思い込んでいるということもあるのでしょうが、確かに美味しいお蕎麦でした。
また行ってみたくなるような品揃えや飾り気のないフランクな応対も好印象でしたよ。
小国のお蕎麦もダメでしたか?もともと九州は蕎麦には向いていない土地柄のようで、美味しいお店というのはあまり聞きませんね。

2016/11/27 19:45
こんばんは。
牡蠣と柚子のお出汁が如何にも美味しそうです。
緑なピーマンやシシトウだけじゃなく赤や黄色のパプリカを揚げればいいのですよね。情報をありがとうございます♪
お店に入ってなかなか注文を聞きにこないのは困りますけど、逆にあまりすぐにこられると、注文後に壁に貼られたメニューに気づいて「しまった!こっちにすればよかった!」ってことになりますよね。
ミシュランの☆をもらってるお蕎麦屋さんがあることさえ知らなかったです(^^;
テンプル
2016/11/27 22:51
やあ、テンプルさんこんばんは。
この牡蠣そばは季節感があってとても美味しかったです。
やっぱりミシュランだと牡蠣もいい加減なものを使えないようで立派なものでしたよ。
パブリカの天婦羅は甘みがあるから、僕はちょっと違和感があったけど、お役に立てば嬉しいです♪
僕が慌て者だから、よく見ないで注文してしまったのが悪かったんだけど、やっぱり一カ所で分かるようにしてほしいですよね。
最近はお蕎麦屋さんだけでなく、焼き鳥屋さんにも☆持ちがいるそうですよ(@_@)

2016/11/27 23:45
こんにちは。

上品な感じの写真だなと思いながら
読んでいくと…なんとなまつばゴクンの
描写でしょう。お蕎麦は艶やか、天婦羅は
サクッとしていそうで牡蠣はぷっくりですね。
美味しそう。。。美味しい時、美味しければ、
美味しいのでしょう。
とよくわからない活用形!
そうだ!京都へ行こう!と気軽に旅に出られ
れば良いのに。
ミイコ
2016/11/28 17:45
ミイコさん、こんばんは。足の具合は如何ですか?
そう、やはり上品でしたよ。描写が下手で恐縮です(^-^;
天婦羅もお蕎麦に乗った牡蠣も五段活用の美味しさでした
京都は千年の都ですから慌てず騒がず待っててくれますよ

2016/11/28 19:54
これはレビューの仕甲斐があるお店ですね。
店名に聞き憶えがあるのは、ミシュラン店だからかな。
そば汁の色は京都とは思えない濃さですね。
KKAの江戸風より濃そうです。
牡蠣は達さんが「旨い!」と感嘆符付きで讃えられるのですから、本物ですね。
鴨も、藪などでは冬限定ですから、牡蠣と並ぶ冬の味。
どちらを選ぶか悩みそうです。
両方頼むというのも手ですが、ちょっともったいないですね。
りう
2016/12/28 22:53
りうさん、なかなかよいお蕎麦屋さんを見つけましたでしょう?とにかくどれも美味しかったです♪
そうですね。特に京都にはこだわっておられないように見受けました。
KAAはもしかしたら京風を意識しているのかも知れませんね
牡蠣は牡蠣そのものもお出汁も美味しかったです。
今は亡きうきさんに叱られそうですが、お下品にも完飲しました。
確かに牡蠣と鴨を1度に食べるのは、味わうという意味ではもったいないですね。
でも明日が保証されていない年代になると、つい食べ急ぎしてしまいます

2016/12/29 15:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
西院 「むら木」の牡蠣そばと粗挽き♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる