仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ラーメン考 らぅ麺「とうひち」の鶏醤油 肉増し♪

<<   作成日時 : 2016/11/18 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
こちらは正真正銘の有名店だそうです。北山通りの紫竹西通りを北に向かって数分という不便な場所にあるにも関わらず、午後1時過ぎで店の内外に15人前後の待ち客がいるというのは

京都では一応尋常なことではありません。

僕はこの日はそれでも絶対「とうひち」で

鶏醤油ラーメンを食べると決めていたので

覚悟を決めて待ち客の最後尾に並びました。

というか、ここまで来て食べずに帰る訳には行きません。

画像

店内の待ち席にもお客が並んで待っていたので、

30分近く待たされたでしょうか?

ようやく店内に入ると、

最初に券売機で鶏醤油のチャーシュー増しの食券を買って、

待ち客席に座っておとなしく順番を待ちました。

画像

店内の様子はこんな感じで、

カウンター席の他にテーブル席が2卓ありました。

順番が近づくと店員さんが食券を回収に来ます。

出来るだけ客を待たせずに効率よく回転させる

この仕組みを取っているお店は最近多くなりました。

画像

お陰でというかなんというか、ずいぶんと待たされたけど

席に着くと割り合いすんなりとラーメンが供されました。

しかしチャーシュー増しの叉焼は残念なことに別皿でした。

これも最近の流行りのようですが、

まともなレストランのカレーライスじゃないのですから

やっぱり追加の叉焼がセパレートで出て来ては絵になりません。

画像

ラーメンの具は鶏腿肉のロールとムネ肉が1枚。

太めの支那竹と白ねぎの上に三つ葉が1枚添えられていました。

ビジュアルはなかなかよろし♪

やはりお下品なニンニク壺は見当たりません

ムネ肉はパサつきを全く感じさせないグッドな仕上げでした。

麺は中太のストレート。

モチモチ感も充分で、取り敢えず納得の美味しさです

スープは落ち着きを感じる醤油のあっさり系。

鶏出汁は隠し味的な使い方とみましたが

店主殿の意図とは全く違っているかも知れません。

画像

一当たり食べ終えると、別皿の叉焼をラーメンの上に乗せて

ご丁寧に写真を撮りました。

でも、ラーメンのチャーシューは最初から乗っていてこそで

今更乗せ直して食べてみても美味しくはないですね

画像

さて、こちらの鶏醤油ラーメンは

あっさりとした味のスープとモチモチ麺が特長の

飽きの来ないラーメンと言ったところでしょうか?

上品な仕上がりになっているから

ラーメンにインパクトを求める向きには物足りないと思うけど、

美味しいラーメンを提供しようと丁寧に作られているということは

よく分かるラーメンでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーむ。すごいですねえ…美しく丁寧に作ったラーメン…がんばれば、追加のチャーシューをのせても美しく盛れそうですけどねえ…☆でも確かに美味しそうです!!女性職人が作ってそうな感じですね〜あれ!オーガニック麺になってる〜〜!やっぱ女性だな(笑)
こりす
2016/11/18 04:59
こりすさん、オーガニック麺、むくつけき男性が作っていましたが、このラーメンは将に女性向でした。
こういう丁寧に作るラーメンは、作業を見ていても感じがいいですね。
追加のチャーシュー、一度に乗せるとスープが冷めるし、別皿は扱いが難しいです(笑)

2016/11/18 09:34
おおっ、これはビジュアル的にも上品なラーメンですねぇ。三ツ葉がのってるラーメンってのは、あまり見たことないです。京都らしいといえば京都らしいですね。ちょっと黒っぽいスープですが、鶏醤油ですか。行列30分の人気の店ですね。

オーガニック自家製麺・・・平打ちっぽいですね。おいしそうです。別皿のチャーシュー増しのボリューム。なかなかのものですね。なるほど行列ができるわけです。
けいつ〜
2016/11/19 06:52
けいつーさん、かなり作り上げた感のあるラーメンでした。1杯1杯に拘って丁寧に作っているところが好評のようで。究極のラーメンコンテストでグランプリを取っているようですよ。
確かに京都っぽい作りのラーメンですね。
これは鶏醤油です。チャーシューも鶏むね肉も上手に味つけていて食べ易かったです
オーガニック麺は今や流行りですね。これだけでも女性客が寄って来ます。
別皿は反則だと思いますが、追加のチャーシューも美味しかったですよ。

2016/11/19 07:13
見た目から、美味しそうなラーメンだとわかります♪
しかし、チャーシューの大きさは尋常じゃないですね!!
これが、最初から丼に乗っていたら、写真を撮るときにきっと達さんは、チャーシューをよけて写真を撮られるのでしょうね^^
結構な太麺ですが、そちらは太麺が主流ですか?
夢の配達人
2016/11/20 21:22
夢さん、このお店のラーメンは質が高かったです。
さすがに関西のラーメンコンテストで優勝しただけのことはある味でした。
別皿の大きなチャーシュー、これを最初から乗せていたら、きっとスープが冷めて台無しだったでしょうね。
その辺りを考えての別皿だったのでしょう。
太麺は最近流行り出しましたが、まだ傍流ですよ。

2016/11/21 19:26
以前は行列店には見向きもしなかった達さんが今や30分も並んでお待ちになるんですね。
時の流れを感じます。
こちらは店名が変わってますね。
仮名では意味がわかりません。
> 順番が近づくと店員さんが食券を回収
二郎あたりが採り入れたやり方ですね。
回転を速くするのは、利益のためもあるでしょうけど、行列が長くなると、近隣トラブルの原因になるということもあるようです。
別皿も善し悪しですね。
つまみ用にできるので、便利なようですが、冷たいチャーシューよりは熱いスープに浸した方が食味的にはよろしいようで。
それにしても大きなチャーシューですね。
スープと麺の色がかなり濃いですが、京都のお客さんは抵抗無いのでしょうか?
全然褒めてないですが、もちろん美味しそうなラーメンだなあと思って拝読しましたよ。
りう
2016/12/20 22:39
りうさん、人は変わるものです。
以前は時間単価が15000円だった僕はとても行列に並んで時間を無駄にする訳には行かなかったけど、今は時間単価0ですからね(笑)
店名は藤七なのか唐七なのか、はたまた糖尿を患って糖質なのか、確かに分かり辛いです。
案外店主の名前が藤野七郎なのかも知れません(笑)
食券の回収は今や当たり前の光景になりましたね。
近隣対策が理由というのも確かですね。
このラーメンスープは色ほど濃くはないので、薄口至上の京都人にも違和感はないように見えました。
僕も褒めていないように見えますが、そこそこ美味しかったですよ

2016/12/21 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都ラーメン考 らぅ麺「とうひち」の鶏醤油 肉増し♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる