仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 元祖とんこつ麺「イタダキ」の激辛に挑戦♪

<<   作成日時 : 2016/10/20 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
先般初めて訪れた元祖とんこつ麺の「イタダキ」で、「挑戦者 求む」と挑発された激辛ラーメン。「体調をご考慮の上お召し上がり下さい」とわざわざ書いてあったので

余程の激辛なんだろうと、珍しく弱気になって

家を出る前に牛乳を飲んでから出掛けました。

画像

午後も1時を過ぎていたので、先客はテーブル席に2組のみ。

僕はカウンター席に座ると、厨房にいた店主殿を呼びました。

辛さに段階があったら1番辛いのを食べようと思っていたのに

激辛ラーメンは予想に反して1種類のみ。

拍子抜けというか一安心。

そんなことで店主殿に「激辛ラーメン」とだけ告げました。

画像

麺は細麺のバリ固で注文しましたが、

写真を撮っていたら、ちょうどよい加減になっていました。

先ずはニンニクを乗せてから、レンゲでスープを飲みました。

運ばれて来た時に見た表面の赤さが

これまで僕が食べて来た激辛麺とは全然違ったので

大したことはないのが一目瞭然でしたが、

それでも何が入っているかわからないので油断は禁物です。

画像

麺もスープもあくまでも慎重に食べ進めましたが、

その辛くなささが返って美味しかったので、

全然平気感を店主殿に見せびらかしたくなって

丼を持ち上げると一気にスープを完飲しました

まるで稚戯ですな。

画像

そんなことで、店に来る前はかなりビビッていたのに

帰る時は平然とした顔で店を出ました。

全然平気でした

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
まあちょっとしたお遊びメニューだったのでしょうね〜〜内容が分かってくるにつれ、辛さ自慢って雰囲気じゃないですものね♪誇大広告というか、やはり遊び心でしょうね♪でも一般的にこのラーメン、やっぱり赤いですね〜〜本気だったかも☆比較するレベルが違う達さんだった事が、このお店にとっては可哀想なことでした(笑)店主殿にガッカリすることないと、そっと耳打ちしてあげたかったです♪
こりす
2016/10/20 04:26
ちょっとした余興かと思ったのに、拍子抜けでしたね。辛そうにみえた真っ赤なスープもやはり達さんにとってはなんでもなかったですね。(笑)日本では「ヤバイ、食べられない」って思いぐらいの辛さは・・・・あまりないですよね。
たぶん液体じゃないチャーハンの方はもっと普通かもしれません。ははは。スープ完飲して平気感を見せびらかすって・・・・特別メニューで地獄ラーメン作ってもらいましょうよ。
けいつ〜
2016/10/20 06:39
ウ〜ム、たしかに日本で激辛と言っても食べられないほどということはないですね。こちらの日本人の多いベイエリアのカツカレー屋さんやラーメン屋さんで物足りない思いを幾度か味わいました。(笑)
でも、物事をポジティブにとらえると、スープを完飲されたということは美味しかったんですね。
櫻弁当
2016/10/20 07:08
こりすさん、どうなのでしょうね?案外本気だったのかも(笑)
僕くらいの激辛のプロになると見た目だけで大体の辛さが分かるようになるんですよね。将に継続は力です(笑)
確かに一般的に見ればかなり赤いです。
僕に挑戦させるとは、このお店も甘かったですね
店主殿も大してコストのかからない激辛を3割増しの値段で食べてくれる客がいたので、内心喜んでいたのかも知れません

2016/10/20 11:25
けいつーさん、本気モードで牛乳まで飲んで行っただけに拍子抜けもいいとこでした。図られたって感じです(笑)
仰る通りで青森の@あさ利ではかなりてこずった記憶がありなすが、それ以外の日本の激辛は大抵苦も無くクリアして来ました。
日本の辛さは中国のあの本気の辛さとは別物ですよね。
流石に日本は文明国です。
昨日一乗寺で地獄ラーメンてのを発見しましてね。
今度挑戦して来ます(^^)v

2016/10/20 11:33
櫻弁当さん、最近では「香来」の特辛は本ものでしたが、やはり日本の場合お店もあまり無茶なことはしないようです。
訴訟社会のアメリカだとあまり辛いと訴えられたりするんじゃないですか?(笑)
そうそう、結構美味しかったから、これはこれでハッピーエンドでした

2016/10/20 11:38
挑戦・・・しちゃいましたか(笑)

ちなみに私は、カレーを食べに行っても
辛さ0を選びますから、色だけでこんなの無理です。
潔く! 諦めます(^_-)-☆
純子
2016/10/21 21:36
純子さま、しちゃいました(笑)
純子さまは何事にも刺激を求めるお方なのに、辛いものはダメなのですね。
何とももったいないことで(^_-)-☆

2016/10/21 22:40
スープが真っ赤っ赤なので、相当辛いんだろうな〜・・・と思いつつ読み進めたら、そうではなく拍子抜けでしたか!?
スープも完飲とは、恐れ入りましたm(__)m
しかし、ここまで唐辛子?が入っていると、スープ本来の味がわからなくなるような気が・・・。
夢の配達人
2016/10/23 08:43
夢さん、確かに真っ赤なのですが、やはり経験を積むと見ただけで辛さのレベルが分かるようになるんですよ。
今回はまあまあのレベルでした。
スープの完飲は封じ手にしていたのですが、目の前に店主がいたので、つい調子に乗って飲み干してしまいました(笑)
まあ激辛は本来の味なんて元々ないに等しいので大丈夫です

2016/10/23 13:41
(#ー゛ー)い〜けないんだ〜、いけないんだ〜。
あれほど完飲せえへんって仰ってたのに、ちょっと油断すると、すぐに約束を反古にされるんやから〜。お節介ババアは退散しよーっと(笑)
うき
2016/10/24 01:01
うきさん、頭の中では覚えていたのだけど、この時は見栄が勝ってしまいました(^-^;
ごめんちゃいm(__)m

2016/10/24 07:59
もしかして、京都は激辛後進地域ですか?
達さんは全国津々浦々で激辛を経験されたのでしょうが、地元京都では案外少ないのでは?
写真を撮っている間に麺が柔らかくなるというのは、博多ラーメンなどではありがちですね。
それを見越して、頼む時は一段固めに。
湯気通しにしたい人は困りますけど。(笑)
辛さが弱かった分、美味さがしっかり感じられたのでしょう。
それはそれで良かったではありませんか。
りう
2016/11/13 22:08
りうさん、気取った土地柄なのか、そんなお下品なものって感じでしてね。探すのに苦労する時期が長かったのですが、最近急に増えて来たように思います。
写真を撮っているうちに麺が柔らかくなってしまうのはブログをやっている限り仕方がないですね。
お蕎麦屋だと早く食べろと催促されることがありますが、ラーメン屋だとその点は安心です(笑)
そういうことですね。辛ければよいというものではないことを実感する「激辛」でした

2016/11/13 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
元祖とんこつ麺「イタダキ」の激辛に挑戦♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる