仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都拉麺考 「なか房」の昔ながらの鶏ガラ♪

<<   作成日時 : 2016/09/29 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
行きたかったお店が定休日だったので、仕方なくたまたま隣にあったラーメン屋さんに入りました。「なか房」なんて屋号は聞いたこともないし、店内に入ってカウンター席に座ると

壁の左半分には「つけ麺食べ放題」の達成記録が

ベタベタと貼ってあったので、

「これはミスったな」と思いながらも

画像

まだエンジンが掛かってない態勢丸出しの店主殿に

ラーメンの並を注文しました。

チャーシュー麺などを選ばずに並にしたのは

さっさと食べて退散しようと思ったからです。

画像

すると、漸くエンジンの掛かりそうになって来た店主殿が、

冷蔵庫からラップの掛かったサービスキムチを取り出して

ポンと僕の傍に置いてくれました。

しかし、この日は僕が最初の客のはずなのに

このキムチの「使ったまま放たらかし感」は如何なものでしょう?

取り箸は突っ込んだままでラップが掛かっていました(笑)

「これはちょっと食べる気がしないなぁ」と思いながらも

結局食べました(笑)

画像

さて、出来上がったラーメンは僕の好みの極細麺で、

先ずレンゲを使ってスープを飲むと、

なんと、昭和50年代には京都でも主流の一角だった

「東洋」や「名門」を彷彿とさせる本格鶏ガラスープの味でした。

鶏ガラと言っても鶏の脚でとったスープです。

当時のラーメン屋は厨房の奥のお湯の煮立った大釜に

鶏の脚が何本も突き立って回転しているのを見ながら

ラーメンを食べるのが当たり前の世界でした

画像

「これは旨いねえ。昔よく食べた鶏ガラの味がするよ。」と

僕はさっきまで早く食べて退散しようと思っていたのに

手のひらを反すようにべた褒めしてしまいました。

すると店主殿は褒められ慣れていないのか

「それほどのものでもない」という顔をしながらも

満更でもなさそうで、

京都の昔の鶏ガラ事情について、いろいろと語ってくれました。

しかし期待していなかった分余計に美味しくて

今どきの鶏白湯とはまた違う原点の味がしました


☆お断り

僕は並みラーメンを注文したと思っていましたが

この画像はどこから見てもチャーシュー麺のように見えます。

きっと僕の勘違いだったのでしょう。

でも、文章を書き直すのも億劫なので

このままで失礼します







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは達さんにとってはチャーシューメンが並ラーメンなんでしょうね♪それにしても懐かしい味の出会い、良かったですね〜〜ひときわ美味しさが伝わります♪鶏ガラじゃなくて鶏の脚っていうとこが、なんでわかるの〜〜って驚いちゃいました!違うんですね!!先日、鶏ガラを探してたらなくて、代わりに鶏の足詰め合わせが鶏ガラとして売ってて、たちつくした経験があったもので…(笑)味の想像はちょっとできないけど、すごく美味しそうで幸せな気分になりました
こりす
2016/09/29 04:56
こりすさん、これは加齢による意識の混濁ですね(笑)
そう、思わぬところで壮年期に味わった京都ラーメンの神髄に出会うことが出来ました。
中国では珍しくない鳥の脚も、あの鱗のような模様の下肢だけが並んでいたり大釜で煮込まれていたりするのは、日本的な光景じゃないですよね。
しかし美味しさの源は、得てしてこういうグロテスクなものにあるということはコシノジュンコなんかを見てしまうとよく分かります(+_+;\べキ〜ッ!!!

2016/09/29 06:29
この屋号のお店、鞍馬口にもあったけど閉店になったり神出鬼没みたいです。ただし同じお店なのかどうかは定かではありませんが。(笑)
このラーメンはなかなかいけるラーメンだったのですね。それに、ここのご主人は、鶏ガラについてはよくご存じみたいですね。
こちらの東洋食品のマーケットで骨を抜いた鳥の足が売っていました。どうやって骨を抜くの不思議です。
櫻弁当
2016/09/29 06:53
櫻弁当さん、恐らく鞍馬口が本店で、ここだけ生き残ったのでしょう。
京都はそういうお店が多くて、名門も何店舗か残っていますが、本店は倒産してしまって、今残っている名門はそれぞれ他とは関係のない独立したラーメン屋さんなんですって。
ここの店主殿は昔の京都ラーメン事情に詳しかったです。そういう人と偶然出会って昔話をするのも楽しいものです。
骨を抜いた鳥の足、あれはクルクルッと回すとボルトが外れるんですよ(笑)

2016/09/29 07:54
取り箸つっこんだまま・・の時点でサヨナラしそうですが、頑張ってラッキーでしたね(^o^)
鶏足の骨抜き、挑戦してみたい・・。
××を骨抜きにするのは得意ですが(@_@;\バキッ
純子
2016/09/29 09:02
純子さま、ご無沙汰でした(^^)v

取り箸つっこんだまま・・
お陰さまで僕も許容出来る範囲が広がりました。
昔の自分が嘘のようです
あの義母様から恐れられた純子さまですから、
うん、うん、分かりますとも


2016/09/29 10:54
なんかやる気のなさそうなお店だな〜・・・って思ったら、やはりそんな感じのお店だったのですね^^
期待しないで入ったら、思いのほか美味しかったことって、たまにありますよね?
まさかの鶏ガラ事情談議まで!
チャーシュー麺に見えるのは、きっと気のせいでしょう(笑)
夢の配達人
2016/10/02 13:11
夢さん、やっぱり気のせいでしたか(笑)
どうもいい加減なお店だということは暖簾を見た時から感じていました(笑)
でも結果は掘り出し物でした。
昔懐かしい味を思いがけず食べることが出来て、その上昔話まで聞けて良かったです。
でも、もう一度行こうとは思いません(笑)

2016/10/02 20:10
一見したところ、濃厚煮干ラーメンかと思いました。
スープの色がよく似ています。
それが鶏ガラなのですね。
黄色っぽくないのが不思議です。
ついでに書くと、麺も煮干にありそうなタイプです。
チャーシューの切り方、盛り方もキムチに通じるものがありますね。
盛り方はともかく、美味しそうではないですか。
りう
2016/10/23 18:06
rりうさん、いかにもというラーメン屋さんでしたが、それだけに、出された昔懐かしい鶏ガラスープのラーメンが美味しかったことに驚愕しました(笑)
まあ適当に作ったラーメンだけど、スープだけは本物だったということなのでしょう。

2016/10/24 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都拉麺考 「なか房」の昔ながらの鶏ガラ♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる