仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 朽木 蕎麦工房「楽」の鹿カレーと蕎麦三昧♪

<<   作成日時 : 2016/09/02 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
先月の話になりますが、朽木の宝牧場に行った際に、日曜・祝日しか営業していないはずの蕎麦工房「楽」に「営業中」の看板が出ているのを見つけた僕は、「変だなあ」と思いながらも

店の隣の駐車場に車を止めました。

日・祝しか開けていないお蕎麦屋と言えば

主人は余程のマニヤックなへんこ親父か

別に本業を持つ趣味人の、客を相手にした人体実験か

想像の幅は狭まります。

僕はどちらも嫌だなと思いながらも好奇心には勝てず

これまで僕にとっては開かずの扉だった玄関をそっと開けました。

画像

店内は木目調の安普請ながら案外広く、ゆったりとした作りです。

先客はおじさんが2人。すでにざるそばを食べていました。

僕が適当なテーブル席に座ると、すぐに家族連れが入って来ました。

僕もそうでしたが、この家族連れも放ったらかしにされて

お茶も出ません。

漸く主人が僕の注文を取りに来た時、

堪りかねた家族連れが注文取りを催促すると

主人は「1人でやってますのでね」、「順番にやりますから」を連発して

愛想のない対応をしたので、

その5人連れの家族は「これはダメだ」と諦めたのでしょうか

席を立って帰ってしまいました

やはり想像していたのとは異質ながらもへんこな親父です(笑)

画像

「どれがお奨めなの?」とか尋ね難い雰囲気が漂っていたので

僕はどれにしようか迷った末に

全くの独力で蕎麦三昧と鹿カレーを選びました。

ところが鹿カレーは時間が掛かるそうです(-_-;)

大方の食堂ではカレーが1番早く出て来るのにと思ったけれど

「構いませんよ」と答えました。

注文した後で壁に貼られたお品書きを見ると

季節もののすだち蕎麦があったので

蕎麦三昧よりそっちの方が良かったかなと後悔です。

画像

かなり待たされて漸くありついたお蕎麦は

香り高い箱館山産のそば粉を使ったレアものだそうです。

蕎麦三昧ということだったので、

3種類の打ち方の違うお蕎麦を想像ていたのですが

出雲そばのような3種類の具で食べるお蕎麦でした。

やっと営業中の「楽」に入れた期待感があっただけに

ちょっと肩透かしを喰らった気分になりました。

画像

蕎麦三昧には、おろしと、とろろと、胡麻をあしらった塩に

そばつゆが付いていました。

お蕎麦、具ともに丁寧な仕事であることは分かりました。

それにそばつゆも薄口ながら鰹出汁の良く効いた

所謂上品なものでした。

これを運んで来た主人がむにゃむにゃむにゃと

食べ方を仰ったような気がしたのですが、

早口で聞き取ることが出来なかったので

画像

一瞬どのように食べれば良いのか迷いましたが

まあ出雲そばのように食べれば良いのだろうと考えて

むにゃむにゃむにゃと食べました。

お蕎麦は確かに繊細さを感じるものでした。

しかし柔より剛を好む僕は若干の物足りなさを感じました。

更にお蕎麦に精通した人が食べれば、

また評価は違うのかも知れませんが

こればっかりは好みの問題です。

画像

3種類の具の中では、ありきたりではないごま塩が美味しかったです。

塩で食べるお蕎麦もさることながら、胡麻の風味が気に入りました。

画像

お店に入って来た時に聞いた「1人でやってますのでね」が

何となく心理的嫌悪感を及ぼしていましたが

邪心を捨てて拡大したお蕎麦をよく見てみると

案外よく出来たお蕎麦なのかも知れません。

画像

さて、そんなことで鹿カレー。

思ったより小さい17cmの器に入って出て来ました。

近年滋賀県では増え過ぎた鹿が田畑を荒らすので

害獣として駆除された鹿肉が市中に出回るようになりました。

カレーの中には鹿肉が2切れ。

「これが1000円は高いなあ」というのが実感です。

画像

それでもまあ、ジビエというほどの量ではないものの

僕にとって鹿肉は久し振りに食べた珍味の部類なので、

よい帳面消しだと思って、きれいさっぱり食べ切りました。

カレーはデミグラスっぽいコクがあって美味しかったですよ。

画像

「この店は日・祝しか営業してないのじゃなかったの?」と

お勘定の際主人に尋ねてみました。

すると、なんと最近は毎日営業しているのだとか(@_@)

それ以上のことは敢えて尋ねなかったけど

長い間日・祝しか営業していないということで

貴重な存在に思えたお蕎麦屋さんだけに

そうだったのかという気分になって

自分の中でのその存在感が崩壊してしまいました。

手前勝手な思い込みですが、そんな話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
そうだったのかって、ありますね♪思い込みではあったのかも知れないけれど、少々ショックですよね(笑)それにしても、箱館山ってびっくりしました、滋賀県にあるんですね〜〜☆すごく美味しそうです〜♪懐かしい鹿肉ですが、ほんと高い!!所詮タレにつけこんだりカレーにしたりと、鹿味がしないように食べるのに〜って思いますね☆
こりす
2016/09/02 05:03
こりすさん、そうそう。朽木街道で食べたことがないのはこの店のお蕎麦だけだったから、完全な思い込みですね。
ショックというよりガッカリでした。
同じへんこなら、もっと本格的なへんこであって欲しかったです(笑)
僕も箱館山には一瞬驚きました。
鹿肉は北海道では普通にありますよね。僕も摩周湖の辺りで食べたことがあります。
値段、高いでしょう?日・祝しか営業してないとこうなるのですかね?
鹿肉は独特の匂いがありますね☆

2016/09/02 06:37
このお店はお蕎麦作りの腕はよさそうなのに、惜しいですね。
なんだかvicious cycle(ヴィシャスサイクル、悪循環)に陥っているような気がします。愛想のよい店員さんを雇えばよいのにご主人が全部一人でやっていて、性格的に客さばきが上手でもなくお客を失っていますね。するとお客が減ってますます一人で働くことになります。
お店が長続きすればよいですが、どうでしょうね。
櫻弁当
2016/09/02 06:40
櫻弁当さん、確かに腕は良さそうです。

1人でやっているのはお客のせいじゃないのにそれをお客に言うのはお店の経営者としては最悪ですね。
vicious cycleについては、勝手な推測ですが、店員さんを雇っても長続きしないのでしょう
これまで長い間日:祝の営業で潰れず持って来ているので、大丈夫だとは思うのですが...

2016/09/02 06:57
仰るように、変わったご主人が経営されるお店のようですね!
蕎麦の他にも鹿肉入りのカレーを出しているのも珍しいですね?
好みの問題とはいえ、お蕎麦の味はまずまずだったようで^^
鹿肉の入ったカレーは、帳面消しだったようでブログネタにはいいかもしれませんね^^
ヽ( ´∇‘)ノも、蕎麦三昧と名がついているから、違う蕎麦かなと思ったら、具材のほうだったのですね!
果たして、2回目があるのかな〜?
夢の配達人
2016/09/04 15:00
夢さん、偏屈というより変なオヤジさんでした(笑)
こういう専門的な蕎麦屋さんでカレー自体が珍しいですが、鹿カレーとは驚きました。
でも、食べてみて平凡なのと値段が高いのに2度驚いてしまいました(笑)
残念ながらもう2回目はないですね

2016/09/04 19:47
1人でやってるのは、雇うほどの商いではないのか、この店主と反りが合う人がいないか、でしょうね。
そばそのものは良さそうではないですか。
しかし、そば1種類で三昧はちょっと詐欺っぽいですね。
説明書きがあってしかるべきでしょう。
カレーは美味しいけど、CPに難有りといったところでしょうか。
鹿のイラストが良いですね。
玄治はダイハツのCMの鹿をパクってました。(笑)
いろいろと思惑ハズレがあったようで、お気の毒様です。
りう
2016/09/15 23:52
りうさん、恐らくそのどちらかか、考えたくはないですがその両方でしょう。
やはりこの蕎麦はそう評価されますか?
僕は店に入った時の印象と、三昧の見込み違いから感情的になっていたので、もしやと思って含みを残しておきました(笑)
鹿カレーはブログネタ狙いでしたが、器があまりにも小さ過ぎた上、鹿肉もありきたりだったのでちょっとがっかりでした。
鹿のイラスト、このお蕎麦屋さんは鹿に拘りがあるのか、い女鹿のイラストや写真が飾ってありました。
その辺を探るにはもう少し通う必要がありそうですね

2016/09/16 08:43
暫くのご無沙汰、失礼致しました。

当店、私も過日の平日に店の前を通って営業していたので気になりましたが、恐ろしくて入る気になりませんでした(笑)そこを入られる達さんの勇気に敬意を表します(^^)ゞ
私は店主の意思は概ね店の外観に現れると思っており、当店を見るにつけ怪しさを払拭出来ずにおりましたが、本稿を拝読し店の雰囲気も掴めました。私が訪ねる事は永遠に無さそうです(笑)
パルマン
2016/09/27 04:49
パルマンさんご無沙汰です。
あの開かずの蕎麦屋が平日営業していること気がついておられましたか。
僕も結構勇気がいりましたけどね(笑)
僕は外観もさることながら、虱潰しに全部入ってみるを旨としているので「楽」にも入ってみました。
結果はご覧の通りです(笑)

2016/09/30 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
朽木 蕎麦工房「楽」の鹿カレーと蕎麦三昧♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる