仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井順化 寿し「吉田」♪

<<   作成日時 : 2016/08/07 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 11

画像
朝起きると無性に「森六」のあの固めの越前おろし蕎麦が食べたくなったので、今日は思い切って福井まで行ってみようと思い立って、朝食もそこそこに家を出ました

都道府県魅力度ランキング45位、

どうでもいい都道府県ランキング2位の福井県ながら

僕にとって福井は生涯の想い出が詰まったところなのです。

さて、直接越前市の「森六」に向かうつもりでしたが

かなり早くに現地に着いてしまいそうだったので、

ここまで来たら福井のお大尽に会って行くべきだと思って、

更に福井駅のすぐそばの大手まで走りました。

画像
                                 「森六」の店内

お大尽の夫人が経営する「サカイヤ」のに車を止めると

奥さんに挨拶を済ませ、取り敢えずまだ見たことのなかった

噂の新装福井駅の写真を撮りに行きました

あの昔のみすぼらしい2階建ての駅舎を知る者にとっては

今の福井駅はウソのような変わりようで、

駅の外観自体がなんともグロテスクなものでして

駅前の広場では趣味の悪い電動式の恐竜が

なんと3匹も蠢いておりました(@_@)

人口日本最少の福井県がこんな派手なことをして

果たしていつまで電気代が払えるのでしょうか?(笑)

画像

まあ、そんなお節介なことを考えながら「サカイヤ」に戻ると

外出していたお大尽が戻っていたので

お店の待合室で奥さんと3人、しばし昔話に興じました。

画像

しかし、30代の後半から50代半ばまでの20年間、

福井では海釣り、ロッジ、越前蟹、海水浴、花火大会などなど

大勢の社員たちを巻き込んで、まことによく遊んだものです。

最盛期には50人に及ぶ社員を集め

バーベキューやスイカ割りなんかをしてやりたい放題遊びました。

画像

時には社員たちは東京や博多や名古屋からも

身銭を切ってやって来ました。

僕が勤める会社のオーナー経営者が

僕の影響力に恐れを抱き出したのは恐らくこの頃からでしょう(笑)

画像

お大尽とは福井市唯一の飲み屋街順化でよく飲みました。

その頃呑み代はたいがい僕が払っていましたが、

お大尽は毎回店のレジからこっそりお金を持ち出すので、

その度に忙しそうに働いている奥さんから

「幾ら持ち出したか紙に書いておいてよ〜」と声が掛かって

何だか僕が悪いことをしているような後ろめたさを覚えたものです。

画像

お大尽の会社が社員旅行で香港に行った時も

僕が案内役でついて来るように頼まれて

同行したことがありました。

奥さんもそれまで海外に行くことなどなかったのでしょう。

初めての香港が随分楽しかったと

当時を思い出しながら話していました。

偉そうなことを言うようですが、

僕と旅行して楽しくなかった人なんて

いまだかつて見たことも聞いたこともありません(+_+;\ペチッ!

画像

その旅行ではお大尽が午前中に立ち寄った

エクセルシオールホテルのコーヒーラウンジに

パスポートの入ったバッグを置き忘れ

百万ドルの夜景を見に行った山頂でバッグがないことに気づくという、

あわやの事件もありました。

パスポートは幸いホテルのフロントで見つかりましたが

香港で忘れ物が見つかること自体が珍しいとお大尽を諭すと

「なかったら領事館に行けばいいだけやろう?」と

こともなげに仰る、どこまでも能天気なお方でした。

そんなことで、お大尽にはことある毎に手を焼かされましたが

どこか憎めないところがあるのが彼の魅力でもあるのです。

画像

さて、「そろそろ食事に行くか?」と声を掛けられたので、

「森六」のおろし蕎麦を食べに行こうと思って来たと話すと

それは完全に無視されて、「吉田」に連れて行ってくれました。

今回は奥さんのレジからお金を抜き取ることもなかったので

取り敢えずホッとして、この日はお大尽にお任せです

画像

この寿し「吉田」はその味は兎も角として

福井に行幸中の天皇陛下に寿司を握って差し上げたとか

司馬遼太郎がよく訪れたとか、

福井では老舗で、割り合い名の通ったお寿司屋さんです。

まあ司馬遼太郎の場合は

地元の有力者か取り巻きがたまたま連れて行っただけで

彼自身は同じ小説家でも池波正太郎とは違って、

たとえ何を食べても

その味が分かるような人ではなかったように思います

画像

僕もこのお寿司屋さんとは結構長い付き合いなので

人の好い大将や奥さんや職人さんとも懇意でしたが、

お大尽の懇意さはその比じゃないので、

すべて彼にお任せして、お昼のランチにぎりを戴きました。

画像

夏場のお寿司屋はネタ枯れですが、

流石に地元のイカやかんぱちは美味しかったです。

ランチコースが終わってからも、跡継ぎの嫁まで加わって

僕には分からない地元の井戸端話が続きました。

ただ一つ分かったことは

こんなことは言ってもよいのどうだか分かりませんが

今の福井市長がぼんくらだということでした(笑)

画像

さて、食事が終わって再び「サカイヤ」まで戻ると、

「もうまっすぐ帰るの?」とお大尽が尋ねるので、

これからお蕎麦を食べに行く気はないなと悟って

「まっすぐ帰る」と伝えて別れました。

短い福井滞在でしたが、

僕にとっては久し振りに気のおけない友人に会えて

楽しい時間となったのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
目覚めと共に思い立つの、久しぶりですね♪おお、お蕎麦♪に、しては写真が変だなあと思ったら…お大尽の仕業ですね(笑)さすがお大尽です♪しかし福井駅の恐竜…あれも市長の仕業でしょうか?思わず行ってしまいたいくらいです(笑)お蕎麦は食べ損ねてしまったけれど福井は楽しいですね
こりす
2016/08/07 05:55
どうでもいい都道府県ランキングだなんて、なんとも意地くそ悪いランキングですね。(笑)その土地に住んでいる人はその土地に誇りを持っていると思います。
気心の知れた方とお会いできて楽しそうですね。
お鮨はとても正統派のように見えます。って、そんなこと言えるほど知らないのですが。(笑)
櫻弁当
2016/08/07 06:33
こりすさん、まだまだ若いと思ったのですが、遠かったです(笑)
そうでしょう。僕も変だと思いながら書きました。
順番から言ってお蕎麦は明日になるんですよ。
福井駅の恐竜、主体はJR西日本でしようが、噛んでいるとすればきっと福井県知事の方でしょう。
「森六」には寄って帰りましたよ

2016/08/07 13:42
櫻弁当さん、ネット社会ですね。いろんなお節介な都道府県ランキングがあるんですよ(笑)
福井県は魅力的なところがたくさんあるのですが、県民性なんでしょうね。PRが下手なんですよ。
やっとPRに力を入れ出したと思ったら、駅舎の外面にこれですからね(笑)センスもないみたいです。
お寿司は江戸前ですね。すっきりとした見栄えでした

2016/08/07 13:49
福井県、私も思い出深く大好きな土地です。子供たちがまだ幼かった頃、恐竜博物館に連れて行ったら大喜びして、恐竜のソフビ人形買わされましたわ。
(* ̄∇ ̄*)あー懐かし
それにしても美味しそうなお寿司で。羨ましー
うき
2016/08/07 14:13
うきさん、恐竜博物館は勝山市でしたっけね?
僕も由香ちゃんに誘われて行きました。
夏休みになるとホテルは子供たちでいっぱいだから、その人気がよく分かります。
僕にとっては勝山はお蕎麦と日本酒でしたけどね(* ̄∇ ̄*)
端正なお寿司でしょ?
福井県の好きな人に悪い人はおりません

2016/08/07 18:45
福井は、何と言っても、恐竜ですね。
博物館を見に行きました。
見に行かされたと言った方が正確ですが。(^_^;)
お大尽さんのことは憶えています。
福井の方でしたか。
土地までは記憶にありませんでした。
懐かしい方々との語らいは何よりのご馳走でしたね。
またお寿司の見事なこと。
ねたの大きさに驚きました。
りう
2016/08/16 18:35
りうさん、福井の人に何と言っても恐竜だなんて言ったら怒られますよ。
彼らは小県の生きる道として恐竜に乗っかってますが、何故羽二重餅や越前竹人形があるのに恐竜なんだと、内心は結構プライドを傷つけられていると思います(笑)
お大尽とは本当によく遊びました。団塊の時代に早稲田を出ているとは思えないトッポイ人なのですが、終生の友人です。
にぎりは地方の寿司屋さんにしてはきちんとしていますでしょう?
でも、福井の魚は水っぽいんですよねぇ

2016/08/16 22:53
久しぶりのお大尽との再会話(^^)私が福井に赴任する前の事がよく分かり、楽しく拝読致しました。
福井の方は駅前の恐竜模型にかなり否定的ですが、個人的には大変肯定的に捉えています(笑)県内の方々にとっては以前からあるものに対する愛着がある故か、所謂新参者の恐竜については「ウラらの誇りはそんなもんでねぇんでやっての。」と仰るかもしれませんが、北陸新幹線が福井まで開業していない中でも、北陸新幹線沿線での人気観光スポット4位なので、「ウラりの誇り」で地味に生きていくか、寛容な心で新しい時代を迎えるか、まさに今は分水嶺にあると思います(^^)
そして寿司吉田さん。ラーメンから寿司に至るまで、特に福井の方は著名人、権威者の言に流されるきらいがあると思うのと同時に、それに縛られ新しいものを試してみようとしない超保守的な県民性があると思います。例えば蕎麦屋に行っても、おろし蕎麦を二杯食べるとか(笑)我々からすれば別のものを食べれば新しい喜びも見つかると思うのですが、「ウラはおろし以外食わんのやって」と頑な、意固地、進取気鋭の無さは、もう馴れた現在とあっては微笑ましくもあります(^^;;
吉田さんも同じくで、現在もっと美味しい寿司を食べさせてくれる店は沢山あるのですが、「◯◯の本に出ていたお店」「◯◯がよく来たお店」などと「宗教か!(笑)」と崇める姿はツッコミたくなります、というかツッコんでます(笑)
パルマン
2016/09/27 06:47
パルマンさん、福井やお大尽と僕の長いかかわり、楽しんでいただけたようで(笑)
福井駅は伊勢うどんと一緒で賛否が分かれますね。
まあ、実際にそれが唯一の観光資源なら活用する以外に道はないのですが、何しろ福井人は自意識(プライドではない)が高い上に頑固で意地っ張りですから(笑)
僕も保守的というか爬虫類なんか(笑)気持ち悪いだけだから福井人に同調です。
吉田に代表されるお店選び。同感です。
福井は難しい所ですが、可愛いと思えば何とかなるので、もうしばらく付き合ってみます

2016/09/30 21:40
久し振りに読んでみたらメチャクチャ面白かったよ(笑)
無聡庵
2018/03/03 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
福井順化 寿し「吉田」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる