仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 故九重親方に頭突きを喰らった男♪

<<   作成日時 : 2016/08/06 00:03   >>

面白い ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
元横綱千代の富士の九重親方がすい臓癌で亡くなりました。まだ若いのに惜しい人をと思いますが、死は時を選びません。九重親方とは松山の二番町の割烹店で

同席したことがありました。

得意先の社長に接待されて食事に行った時、

松山のタニマチと食事をしている九重親方を見掛けました。

松山のタニマチと僕の得意先の社長が懇意だったので

彼らの席に同席することになり、

次の店にも一緒に行こうということになって

クラブに席を変えました。

率直に言って特殊な世界で育って長く横綱を張った力士だけに

酔うほどに傍若無人な振る舞いが目立ちましたが

さすがに人を選ぶ目は持っていたようで、

僕には自ら「九重貢」の名刺を差し出して

「いつでも部屋に来て下さい」と丁寧な対応でした。

画像

しかし、その分被害にあったのが例の尻MEN鳥でした。

まあ、そもそもは尻MEN鳥君がその原因を作っていて

恐れ多くも天下の九重親方に

「僕は上手を取ったら誰にも負けませんよ」と

横綱を相手に軽口を叩いたのが発端でした。

その言葉にすかさず反応した九重親方が

間髪入れずに尻MEN鳥君に本気の頭突きを食らわせました

すぐに謝っておけばいいものを

変に場の読めない尻MEN鳥君は謝らないものだから

長々と説教を喰らうことになってしまったのが冒頭の写真です。

その間デカさんはずっと九重親方を睨みつけ

自分に火の粉が飛んで来ないように

バリアを張り続けておりました(笑)

画像
        話とは無関係ながら、その夜クラブの麗ちゃんと(*^^)v

翌朝たん瘤を押さえながらホテルのロビーに現れた尻MEN鳥君曰く、

「今頃九重親方も頭が痛いと言って泣いているはずですよ」と

どこまでも強がっておりました(笑)


九重親方のご冥福をお祈りしつつ

故人の知られざる逸話を紹介致しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
九重親方が亡くなったんですね。ニュースを見ないもんですから知りませんでした。まだお若いのに・・・

それにしても、九重親方の人柄を表すいい話ですね。タイムリーでナイスです。

私も大学生の頃に銀座のパブでバイトをしていた時に、両国の方から曙とその取り巻きが大勢でおしかけてきて、散々ウィスキーを飲み散らかしたのを思い出しました。相撲取りは全然酒が効かない感じですね。ボトルをラッパ飲みでも平気みたいでした。みんな体格が体格ですから、言われるままどうしようもなかったのを覚えています。

横綱を張った親方に「上手を取ったら負けません」なんて、冗談でもよく言えたなぁと感心します。頭突きくらって当然です。(笑)

クラブの麗ちゃん、いいですね。
けいつ〜
2016/08/06 00:59
このお話、なぜか覚えてます!!プロ選手はどんな競技も大人気ないほど負けず嫌いな印象があり(だからこそプロになれるのかなと)九重親方もやはりと思えるエピソードです♪でもそれ以上に、親方にそんな軽口を言える尻MEN鳥さんに感心です〜〜空気が読めないって強いですね(笑)デカさんのバリアの張り方、ナイスです♪そういえばお元気かしら♪
こりす
2016/08/06 04:57
ウヒャ〜、これは尻MEN鳥さんに勝ち目はありませんよ。まぁ、軽口とはいえよくそのような事が言えましたね。(汗)だって、お相撲のチャンピオンとまるきりの素人ですからね。きっと酔っていたのではありませんか。(笑)
櫻弁当
2016/08/06 06:45
けいつーさんはご存じなかったですか。
スター性のある親方だったから、こんなに早く亡くなるとは残念ですね。
けいつーさんも学生時代に相撲取りのあの無茶苦茶を経験されていたのですね。九重親方も空になったワインボトルをボーイに投げつけたり、狼藉の限りを尽くしていましたよ。
しかし、幾ら何でも横綱に上手を取ったらなんて言っちゃいけませんよね(笑)後先考えないにもほどがあります。
麗ちゃん、この頃は松山のクラブにも若い子がいましたね

2016/08/06 07:18
こりすさん、これは確か2006年くらいの出来事だったのですが、憶えていてくれましたか
まあ常識のある人は横綱にそんなことは決して言わないものですが(笑)
でも、こういうタイプは仕事は出来るんですよ。
何年も前に師匠のデカさんを役職で抜き去ってしまいました(笑)
デカさんは今は東京で頑張っているようですよ☆

2016/08/06 07:23
櫻弁当さん、稀に見る凄い話でしょう?(笑)
実は尻MEN鳥君は一滴も飲まないから恐れ入ります。
この後尻MEN鳥君が九重親方がグラスになみなみと注いだ焼酎を「ごっつあんです」と言って飲み切ったので、それを見ていた得意先の社長が、「この5年間俺が飲めと言っても1滴も飲まなかったのにどういうことなんだ」と怒りだして、尻MEN鳥君は得意先の社長からも説教を喰らうことになりました(笑)

2016/08/06 07:32
ウルフと呼ばれていたころからのファンだったものですから、癌だとは聞いてはいたものの、以来お元気そうにお見かけしていたので、突然の訃報に言葉もありません。
儚いこと・・・
純子
2016/08/07 10:26
純子さま、さぞや落胆のこととお察しいたします。
すい臓がんはほんと命取りですからねぇ。

純子さまもお気を受けあそばせね。

2016/08/07 13:35
この記事は憶えてますよ。
九重親方は1代親方にならなかったんですね。
大鵬や北の海に劣らぬ大横綱だったのに。
協会の重役にもならなかったのは何かあったんでしょうかねえ。
素人さんに頭突きを食らわしてしまうようだと。
りう
2016/08/12 22:22
りうさん、この写真は結構使い回しています(^-^;
九重親方は派閥の問題以外にもいろいろあったのでしょうね。
国民栄誉賞を受賞した横綱にしては協会内では不遇でしたね。
でもタニマチには恵まれていたようで、松山にも年に2回はおこずかいを貰いにやって来ていたという噂です。
兎に角横綱を張ったような力士でも飲んだら滅茶苦茶です

2016/08/13 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
故九重親方に頭突きを喰らった男♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる