仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 竜馬通り商店街に移転していた「京の四季」♪

<<   作成日時 : 2016/08/25 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
散髪に行った帰り道、お蕎麦でも食べて帰ろうと例によって近くの「京の四季」を覗いたところ、定休日でもないのに門が閉ざされ、屋号を書いた雪洞も無くなっていました。

変だなあと思いながらも左程気にせずに

「寺田屋」のある竜馬通りの方角に歩いて行きました。

画像

途中洋食屋さんやインド料理のお店がありましたが

気乗りがしないので更に歩きました。

すると見知らぬお蕎麦屋さんがあるではないですか(@_@)

そして屋号を見ると「京の四季」と書いてありました。

こんなところにも出店を出したんだと思いながら

店内に入って女店員さんに聞いてみると、

これまでのお店は閉めてここに移転したのだとか(@_@)

やはり観光客の多い竜馬通りは魅力なのでしょうか?

でも、こんな狭い建屋に移るなんて何ともったいないことを(o_o;

画像

取り敢えず1つだけ空いていた手狭なカウンター席に座って

生粉打ちを注文すると、既に売り切れたとのことだったので

急に戦意を失って、適当に鱧と夏野菜の天ざるを選びました。

画像

お店は狭くなった上に観光客で混雑していたので、

蕎麦を茹で上げるのが相当後手に回っているようで

カウンターの後ろのスペースには

揚げ終えた天ぷらだけが冷めるのを待つように並んでいました。

天ぷら自体も慌てて揚げたのかかなり雑です。

これだけでもイラチな僕はオイオイオイと思うのに、

おっちょこちょいの女店員さんがとんすいに入った天つゆを

ひっくり返したりしたので

狭いカウンターの内側はてんやわんやの状態です

画像

「どうしてこんな狭いところに引っ越したんだ(o_o;」と

この日は暑さと腰痛のせいで相当機嫌が悪かった僕は

「蕎麦はこんな雰囲気の中で食べたくないんだよなぁ」と思いながら

雑に揚がった鱧と夏野菜の天ぷらを先に食べてから

何だかグタッと寝そべったような二八を摘まんでみたら

いつもと同じように美味しかったので

余計に腹が立ちました

画像

どういう意図があっての移転なのかは分からないけど、

「京の四季」は旬の具材を使ったお蕎麦を

ゆっくり戴くことが出来るのが魅力だったので

「こんなところに移ったらいかんわなぁ」と思いながら

かなり消化不良で店を出ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ん〜〜そういえばお蕎麦って、サラリーマンでごったがえしてる大混雑のお蕎麦か、ある程度スペースとかゆとりとか確保されて落ち着いて食べる蕎麦とあるかも…でも混雑してても美味しいのが正しい蕎麦ですね♪これだけてんやわんやでも美味しいなんて、さすが京の四季です(笑)最近、鱧づいてますねー☆ワタシも鱧食べたいです…♪
こりす
2016/08/25 04:56
フ〜ム、それまでも美味しくてよい評判だったのに、謎の移転ですね。今さらお客さんを増やそうとしているとしても何か説明し難いです。
お蕎麦は美味しかったのはよかったですね。
オイオイオイ、英語でもアイヤイヤイという言い方があります。ちょっと似てますね。(笑)
櫻弁当
2016/08/25 07:03
こりすさん、神田の「まつや」のようにたまには美味しいのにごった返しているお蕎麦屋さんもありますが、お昼時のサラリーマンとは客層が違いますね。
願わくはお蕎麦はゆったりと味わいたいものです♪
こりすさんはこんな「京の四季」をさすがだと仰るのですか?(笑)
確かに鱧が続きましたね。京都は夏鱧の季節です☆

2016/08/25 10:22
櫻弁当さん、これまでは落ち着いたお店だったのに、どうしてなのでしょうね?
前のお店が借地だったら利益にならない長い路地が負担になっていたのかも知れませんが。
固定的な定連さんより史跡巡りの一見観光客。
今の京都はそう考えてもおかしくないくらいの観光ブームなのですよ。
でも、もう散髪帰りにちょっと寄るには遠くなり過ぎました。
言語ってのは面白いもので、偶然似ているってことありますよね。

2016/08/25 11:04
移転にはそれなりの目算があったんでしょう。
しかし、お店側からは望ましい移転も、客の立場からは必ずしも望ましいとは限りませんね。
記事を拝読するに、狭くなったのに、受給バラスが崩れて、オペレーションが成り立たなくなったということでしょうか。
それでも二八が美味しいとは、以前はどれだけ美味しかったのか、計り知れないですね。(笑)
りう
2016/09/06 22:25
りうさん、その通りですね。
狭くなって客席は減っても回転率は良くなっているんだと思います。
しかし、これまでのゆったりとした雰囲気の中で食べるお蕎麦という楽しみはなくなりました。
厨房があたふたしているのはなれの問題でしょうね。
でも、観光客で混雑ずるお蕎麦屋さんは敬遠したいです。
二八は依然と同じ美味しさでした

2016/09/06 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
竜馬通り商店街に移転していた「京の四季」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる