仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「地魚の店五右衛門」の岩牡蠣とイカ丼♪

<<   作成日時 : 2016/08/20 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
小浜に魚を買いに行きました。最近小浜へ行く頻度が増えているのは、主たる目的が魚の仕入れから地もののお寿司を食べることに変化して来ているせいなのでしょう(*^^)v

それでもちゃんと小浜とれたて市場には立ち寄って

買うべき魚は買いました。

最近は生ものは種類の多い「桝新」で買うことが多くなりました。

画像

この日は実はお盆休みの初日だったので、

いつもはガラガラの朽木街道も大混雑で

小浜の市場も観光気分の買物客で賑わっていました。

画像

僕はイカとハマチとサザエのほか

生の小鯛やかなりの量の干物を買いました。

画像

しかし、家に帰ってから写真に撮るのは意外と面倒なので

この日は買ったものはその場で写真に収めました。

画像

買い終わって車のクーラーボックスに魚を仕舞い込み

時計を見ると、まだ11時前です。

この後お昼は「すし富」か「福芳」に行く予定でしたが

これらお寿司屋の開店までにまだかなり時間がありました。

そんなことなので、

これまで知ってはいても入る気のなかった市場内の海鮮丼屋さん

「地魚の店五右衛門」で軽く何かを食べて行くことにしました。

画像

店内はこんな早い時間なのに意外なことにほぼ満席でした。

僕は只1つ空いていた入口に近い相席カウンターに座ると、

女店員さんに急かされながらも、

そんなことを気にする人じゃないので

何を食べようかとゆっくり迷いました。

画像

僕はなんといってもこれからお寿司を食べに行く身だし、

それに、こういうお店って案外新鮮なものは置いていないので

今の時期ならイカなら間違いなかろうと考えて

イカ丼を地ものの岩牡蠣と一緒に注文しました。

画像

恐らくこういうお店で値段の張る岩牡蠣を食べる人は

少ないのでしょう。

運ばれて来た岩牡蠣はまるで熟成肉のようでしたが

ママよっと覚悟を決めて食べました。

今のところ何ともないようです

イカ丼もプ〜ンと微かに匂いましたが、

醤油をかけたら匂いは消えました

恐るべし、醤油の力...

画像

読み返してみると何だか悪口を書いているようにも取れましたが

信じて貰えないと思いますが、そんなつもりはないのですよ(笑)

単に写実主義なのです。

市場の中の観光客相手の海鮮丼屋さんは

小浜に限らず大概どこでもこんな感じなので

分かったようなことを言うようで恐縮ですが

「こういう場所だから新鮮なはずだ」とか変に思い込まないで

「この場所でこの値段付けならこれくらいのものだろう」と

大人らしく割り切って食べることが肝要だと思います。

僕もそう割り切って、イカ丼のご飯だけを半分ばかし残しました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お醤油のかかったイカ、美味しそうです♪達さんはお買い物が手早いので、出発時間はもう少し遅くても良いように思います(笑)しかし、こうでもないと市場内の丼屋さんに来ることもないですしねこれで前菜は終わったとして、いよいよメインディッシュですね♪どんなお寿司か楽しみです
こりす
2016/08/20 05:01
生きのいい魚介類って素敵ですね。文字通り目が生きていますね。
市場内の海鮮丼屋さんだから鮮度はよいはず、でもないのですか。やっぱり値段によるのでしょうか。
そうそう、ほんとに生きのよい魚介類は臭わないですよね。英語圏ではそういうことを知らないらしくて、魚は臭い物という固定観念があります。口語で「怪しい、疑わしい」はフィッシー(fishy)と言います。(笑)
腰痛の治療はいかがでしたか。お大事に。
櫻弁当
2016/08/20 06:17
こりすさん、お寿司屋さんの開店時間に合わせて行くと、めぼしい魚は買い尽されているんですよね。世の中実際市場内の海鮮問屋さんは山陰か北東北に行かないと鮮度と値段に問題ありですね。うまくはいかないものです。
それがね、今回はメインディッシュでいろいろ問題があったのですよ。お楽しみに♪

2016/08/20 06:42
櫻弁当さん、目が生きている魚を選べることが遥々漁港までやって来て魚を買う魅力ですね。京都のスーパーでは選ぼうにも全部目が死んでいますから(笑)
海鮮丼屋さんにはその朝揚がった新鮮な魚を使うお店と、安い時に仕入れて冷凍して使う店の二手に分かれるようです。それと目論見違いで仕入れ過ぎて古くなるということもあるのでしょう。
なるほど、フイッシーというのですね。魚も迷惑な話です(笑)
欧米では魚は基本生で食べる習慣がなかったから、匂うものというのが当たり前になっているのでしょうね。
その分香辛料が発達したということなのでしょう。
腰痛は神経ブロックをして一定の効果はありました。どうもありがとう(^^)v
でも2週間ほどしか持たないそうです

2016/08/20 06:55
観光客相手は気を付けないといけませんね。
先日自分もそれで失敗しました。
当たらなくて良かったですね。
それにしても、えらい賑わいですね。
こんなに観光客が大勢いるんですか?
小浜恐るべし、ですね。
りう
2016/09/02 22:24
りうさん、小浜は結構観光客が多いんですよ。
まともなお寿司屋は閑古鳥ですが
りうさんの場合サザエが美味しそうでしたが、お寿司屋では酷い目に合われたようですね。
僕は率直に言ってこういうお店は嫌いです(笑)

2016/09/02 23:30
五右衛門さんはまあまあ好きなのですが、好きである要因が魚では無く、添えられて来る漬物だったりします(笑)
五右衛門さんはロケーションで得していますよね(^^)「このロケーションだから美味いはず!」と昂揚して入って来る客が、供された物を食べて「ん!?でも市場の中の魚屋だ!美味いに決まっている!」と自分の直感を押し殺して食べていた一人が私です(笑)達さんの写実主義に救われました(≧∇≦)
パルマン
2016/09/27 05:08
パルマンさん、そうでしたか(^-^;
僕はこの日は求めるものが違ったので、最初から斜めに構えていました(笑)
こういう場所のお店は時化でもあれば入荷はないから、いつも新鮮なものばかりを出している訳じゃないですからね。
この日はそれに当たっていたようで、失敗でした。
しかし露骨に書き過ぎましたかね(笑)

2016/09/30 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
「地魚の店五右衛門」の岩牡蠣とイカ丼♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる