仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏見駅下 「福来たる」の大きつねうどん♪

<<   作成日時 : 2016/08/16 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
「あの極端に腰の強いうどんはもう一度食べたいけれど、あのセメントで固めたような天ぷらだけは遠慮したいな」と、行くべきか否かを決め兼ねていた手打ちうどんの「福来たる」。

結局あの極端な歯応えのうどんを食べたい気持ちが勝って、

「福来たる」に「達来たる」となりました

しかし、あの天ぷらだけは避けたいのです。

画像

そんなことを考えながら打ち場に近い席に着くと

メニューの中に大きつねうどんというのを見つけました。

これなら問題は一挙解決です

僕は特徴のない50がらみの女店員さんを呼ぶと

650円の大きつねうどんを注文しました。

画像

運ばれて来たうどんの大きなお揚げは甘辛い煮つけで

味・大きさともに満足のゆくものでした。

1枚ものの分厚いお揚げは美味しいです♪

しかし、肝心のうどんの腰が前回とは相当異なり

腰の弱い京うどんよりはマシなのですが、

讃岐うどんにはとても及ばない腰の弱さなのです。

釜揚げやぶっかけと温かい出汁のうどんでは

麺の種類を変えているのだろうか?とか

いろいろ考えてみましたが、どうしても腑に落ちません。

画像

食べ終わる頃に主人らしき人が偶然打ち場にやって来たので

「もしかして、ぶっかけと大きつねうどんでは麺の種類を

変えているの?」 と思い切って尋ねてみました。

僕は当然そうだろうという確信を持って尋ねたのですが、

ご主人らしき人が、「いや、同じですよ」と困惑気味に応えた瞬間

2人の間に何とも気まずい空気が流れたのでありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
越前そばで、スゴイ歯ごたえのそばを食べたから、もはや福来たるのうどんは普通に感じられたとか…ではないのですか?(笑)歯ごたえのあるものが食べたい、今日この頃の達さんですね♪でもまあ立派なお揚げだこと!!食べたい♪仕方ないからうどん屋さん行っちゃおうかなあ
こりす
2016/08/16 04:39
こりすさん、健康な歯が全部残っている間に固いものを食べておかねばという潜在意識が働いているのかも知れません(笑)
この福来たるで最初に食べた恐らく日本で一番固いと思われるあのうどんは夢幻だったのでしょうか?
もしかしたら僕はせん妄なのかも(笑)
お揚げ立派でしょう?こういう分厚く大きなお揚げを使ったきつねうどんは京都では珍しくないんですよ。
山口にはうどん屋さんならこりすさんが許せるお店があるのですね?

2016/08/16 05:53
達さん、こんばんは。
ご無沙汰しっぱなしですみません
歯応えのあるうどんって柔らかいものに比べて「食べた感」がありますよね。私も好きです。
でも、セメント天ぷらって!!
大きなお揚げさんの色艶から甘辛くて美味しいのと適度な柔らかさが見てとれます。
京都でうどんをいただいたことがないのですが京うどんって腰が弱い・・・というか、はんなりとしているのでしょうか?
お店のご主人との間に流れた気まずい空気、そういうことってありますよね。
「ここでフォローする一言を発するべきか、いやいや下手に何か云って余計に気まずくなったらまずいしなぁ」なんて思いながら結局無言で気まずい空気を噛みしめることが私もありました
まだ暑い日が続いていますが、それでも朝晩は少しだけ真夏が遠のいた感があります。
京都は如何でしょうか?
テンプル
2016/08/16 21:34
テンプルさん、こんばんは。ご無沙汰です
そうそう、うどんは腰の良さがなければ所詮メリケン粉ですものね
こちらは天ぷらは衣が鎧のように分厚くて、うどんと同じように歯が立たないほど固いのですよ。
関西人は大きな甘辛お揚げ好きですよね♪この大揚げは食べ応えがありました
京都のうどんは伊勢うどんほど酷くはないのですが、不味いです(笑)
お箸で摘まむとぶつぶつ切れる感じが、何とも京都人の性格を表しているようで嫌いです(笑)
お店のご主人は日によって仕込みにばらつきがあることを指摘されたと思われたのでしょうね。
聞かなくても良いことを聞いてしまったと反省です(^-^;
今日は夕方から雨で五山の送り火も大変でしょうが、京都も毎日暑くて、外出する度に行き倒れになりそうです。
テンプルさんも元気でこの夏を乗り切って下さい。

2016/08/16 22:45
きつねうどん、懐かしいですわ〜♪噛むと口の中をジュワ〜と広がるおあげさんの旨み。。。私は子供の頃から大好きでしたが、子供たちはうどんよりラーメンの方が好きみたいで、すっかりうどんは食べなくなりました。たまには美味しいうどん食べたいなぁー。
(* ̄∇ ̄*)
うき
2016/08/17 13:39
うきさん、大判のきつねうどんって美味しいですよね。
あの味は関西でしか味わえないもののようです。
お揚げが厚いとなお美味しいですね♪
関東は埼玉の一部を除いて蕎麦文化だから、うどんは肩身が狭いようですね。
あの蕎麦の聖地のような山形でも、最近はお蕎麦よりラーメンって時代ですから、ご子息たちがラーメンなのは致し方のないことですね(* ̄∇ ̄*)

2016/08/17 20:19
同じようなことは自分も何度か経験しています。
自家製麺だと、気候条件に合わせて微調整しても、質を均一に保つのは難しいということもあります。
作り手の体調にも拠るでしょう。
そうしょっちゅうはないでしょうが、たまに大崩れすることもあるような気がします。
ということで説明がつくような違いではなかったんでしょうか?
りう
2016/08/30 23:37
りうさん、確かにうどんは気温や打つ人の体調などで大きく変わることがありますが、前回食べたうどんが自分史上最強の固さだったので、この日のうどんの普通さに驚いてしまったのです。
もしかしたら、こちらの体調のせいだったのかも知れませんが、それは全く考慮の外でした

2016/08/31 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
伏見駅下 「福来たる」の大きつねうどん♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる