仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 小汚いけどどこか懐かしい「常楽小吃」♪

<<   作成日時 : 2016/08/10 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
竹田街道沿いにこんなお店があったとは、これまで全く知らずに過ごしていた僕は、たまたま竹田久保町辺りを歩いた時に、外観を見ただけでも小汚いことが誰にでも分かる

「常楽小吃」という小菜館をみつけました。

店舗の壁の看板には朝8時から営業していると書いてあります。

この看板から察するに

このお店は中国人が経営する本物の「小吃」のようです。

その日はたまたま土曜日で、お店は定休日のようでした。

しかし、朝の8時から営業しているということ自体が正調なので

「来週の月曜日には必ず来るぞ!」と心に誓いながら

取り敢えず看板の写真を撮って、一先ず立ち去ることにしました。

画像

こいういう小さな食堂は中国に行くと何処にでもあって

下の写真は北京の常家菜屋さんですが

どの店も程度の差こそあれ信じられないほど小汚いのです

画像

さて次の週の月曜日。

看板の営業案内を素直に信じて8時過ぎに行ってみると

玄関の前には「10時開店」の貼り紙が

仕方がないから一度家に戻って、10時にもう一度行きました

誠に暇なお方です。

「常楽小吃」に入って行くと、カウンターと小上りがありました。

玄関は半分開けっ放しで、店内はムチャクチャ暑いのに

店主には冷房のスイッチを入れる意思はないようです。

壁掛け型の扇風機が室内の生暖かい空気をかき混ぜていました。

本物の小吃はこうでなくてはいけません

画像

僕はカウンター席に座ると、

奥さんの反応を見るために8時に来たことを話しました。

すると奥さんはこともなげに、「ああ、変わったのよ」といなしました。

本物の小吃は営業時間が変わったくらいで

看板を書き換えたりは致しません。

さて、メニューの中からまずお粥を注文しました。

しかし、お粥はこの時間はないそうです。

小吃で朝からお粥がないとは妙な話ですが

そこを突いてもいなされるに決まっているので

それならばと麻辣面を注文すると、麺は出来ないとの返事

意味が分かりません

画像

奥さんがなぜか「涼面(冷麺)なら出来るよ」としきりに奨めるので

涼面なんか食べたくはなかったけれど、

麺もお粥もないと来ては他に選択の余地がなかったので

結局、涼面と包子(肉まん)と豚の耳を注文することになりました。

お酒も飲まずに豚の耳を食べる人も珍しいです。

店主殿に聞いてみると、6年前にこの場所で小吃を始めたとのこと。

麺類はまだ麺打ちが終わってないのでお昼からになるそうです。

それなら今度はお昼過ぎに来るからと不確かな約束をすると

最初に出て来た包子から手を付けました。

画像

包子(パオズ)は外側だけでは面白みがないので

中身の写真も撮ってみようと皮を指でムシリました。

結構苦労してむしったのに、

中身はアワビが入っているではなし、至って平凡でした。

店主殿に「何か醤(ジャン)はないの?」と聞いてみると

特に何も用意していないとのこと。

「醤油をつけて食べる人もいます」とのことでしたが

僕は何もつけずに食べました。

まあ、味は可もなし不可もなしの包子でしたが

むしって食べた皮の部分はなかなかの味がしました。

もしかしたらあの旨みは僕の指の油分だったのかも知れません。

画像

冒頭の写真の涼面は、悪い予感が的中したようで

市販の中華麺の上にまるでコオロギの餌のような

乱切りの胡瓜が乗っているだけの、極めてシンプルなものでした。

この適当さはさすが本物の小吃屋さんです

画像

豚の耳には唐辛子の醤をかけてくれました。

しかし、1切れが大きい上に結構量が多かったので

全部食べ切るのに苦労することになりました。

やはり紹興酒かビールが必要です。

仕方がないので余った分は涼面の上に叉焼代わりに乗せました。

画像

いやはや、どれを食べても決して美味しくはなかったけど、

何もかもが適当な、こういうお店の雰囲気は

遠い昔の中国各地での生活を思い出させてくれるような

妙な楽しさがありました。

それにお勘定が全部で650円なのにも驚きました。

こんなに安くていいのでしょうか?(@_@)

きっと今度はお昼過ぎに、本当に麻辣面があるかどうかを

確かめにやって来ると思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あははこれって、「言葉通じない意味分からないキャー」なんだけど、帰ってから思い出すのはこういうばかり…という旅の醍醐味を、国内でやってしまったというのではないでせうか?(笑)いやなんだけど、なんだか楽しいという…♪いやさ加減が中途半端じゃないのが納得できますよね(笑)どれもこれも美味しくなさそうだけど♪やっぱもう一度行って欲しいです!包子の皮ってホント美味しいですね、ワタシ具なしはよく食べました
こりす
2016/08/10 04:53
こりすさん、いやいや言葉分かる、意味も分かる、だけど何だか分からないって感じでした(笑)
そうそう、小汚いのは気持ち悪いけど、中国じゃないと味わえないそんな雰囲気に浸るのは楽しいという...
ホントどれも美味しくはなかったです(笑)
写真で見た麻辣面も美味しそうには見えなかったけど、10時から夜まで休みなしだそうですから、近いうちに行って来ます。
具なし包子って、それってすいとんじゃないですか?

2016/08/10 10:28
きっと達さんは中国が懐かしいというか、お好きなんですね。
チラッと過ごしたベトナムから、こういうお店の雰囲気、なんとなくわかります。ヌードルスープとか、地元の人達は生野菜を平気で入れます。私は野菜をお湯にくぐらせてもらいました。お店のおばさんは嫌な顔もせずそうしてくれました。
こういう感じのお店にまた行きたいかどうか迷うところです。ウ〜ム、行ってもいいかな〜。(笑)
櫻弁当
2016/08/10 12:53
櫻弁当さん、中国の今の体制は兎も角、中国は好きですね。
現役時代も3連休があればよく1人で中国に行っていました。
日本ではとても食べられないものでも、中国だと食べてしまうから不思議です。
生ものは危険ですね。中国は野菜でも基本火を通すので、火さえ通っていれば安心ですが、サラダなんかはとんでもないですね。
無理して行かなくてもいいですよ(笑)

2016/08/10 13:33
ははは。こんな店が日本にあるってのは面白いですね。そのまんま中国の小店です。時間が変わるのも店が休むのも、店の勝手です。(笑)
このメニューは・・・・涼拌(りゃんばん)がほとんどですね。料理が出てくる前にすぐ食べられる簡単なつまみのようなおかず。茶葉玉子って朝ごはんの時に食べるやつだし・・・やっぱり午前中は、簡単なものしか出ないんですよ。麺は昼からです。

しかし、朝にお粥がないってのもヘンですねぇ。アワお粥が100円って・・・・300円でいいからピータンと豚肉のお粥作って欲しいですね。メニューもこれだけですか?やる気が感じられないですね。値段もちぐはぐな気がします。ひまつぶしでやってる店でしょうか。(笑)
けいつ〜
2016/08/11 16:07
けいつーさん、こんな小吃が京都の伏見にあるなんて思いもしませんでした(@_@)
まあこういうお店は店主の勝手でやってますよね。
香港では朝から麺もやっているので、何でじゃ?と思いましたが、本土では確かにそうですね。
メニューは、これは裏面なので、表にはもう少しまともなものもあるんですよ(笑)
それにしてもお粥がないのは変でしょう?
値段はいずれにしても安いので、小吃は何かの隠れ蓑かと疑ってしまいそうです(笑)

2016/08/11 17:28
面白く読ませていただきました。
和風に擦り寄らないことを評価してらっしゃるのか、おちょくってらっしゃるのか。
達さん流のレトリックの真骨頂ですね。
こういうお店が6年も続いてることは、ある意味、素晴らしいと思います。
650円ですか!
単価を想像すると、まさに仰天食べ歩きですね。
りう
2016/08/22 22:37
りうさん、建前としては和風に擦り寄らないことを評価していると言わざるを得ないでしょう(笑)
何もかもが面白いお店でした。
値段も大量に集客出来る立地じゃないだけに恐るべきものでした。
麻辣麺を食べに行こうか行くまいか、迷っているところです。

2016/08/22 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
小汚いけどどこか懐かしい「常楽小吃」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる