仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 判断が難しかった小浜 「すし良」♪

<<   作成日時 : 2016/07/07 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
小浜のお寿司屋巡り。今回はまだ行ったことのなかった「すし良」を選びました。このお寿司屋さんは、今はブログを閉じられているOTSUKYONさんが確か仕事で小浜に行かれた折りに

時々立ち寄られていたお店だと記憶しています。

如何にも暇だと思われそうですが

11時半の開店を店の前で待って、

暖簾が上がると同時に店内に入って行きました。

「すし良」はなかなか味のある作りの外観を持つ

古風で大きなお寿司屋さんでした。

画像

10席ばかりあるカウンターの真ん中を選んで座ると、

二代目さんらしい雰囲気を持つご主人に

おまかせでにぎって欲しい旨を伝えました。

それに加えて何か汁ものも。

注文を通している間も、目はネタケースの中の魚を

無意識にチェックしています。

これは初めてのお寿司屋さんに来た時の楽しみです。

ネタケースを見る限り、大きなぐじが僕の興味を引きました。

画像

寿司は小浜らしく小鯛とヤリイカから始まりました。

ネタもシャリも小さめなところに、

単に新鮮な地魚を売り物にした寿司屋じゃないという

ご主人の矜持が窺えます。

いいじゃないですか

画像

そしてお次は地鯵とコチ。

コチは最初何だか分からないまま食べたところ

コリコリとした食感がナイスだったので

ご主人に「このネタは何なの?」と尋ねてコチだと知りました。

聞けば地元でもそう多くは穫れないとか。

いずれにしてもコチのにぎりは珍しいです

画像

目の前のネタケースにまるで死んだように横たわる

ラップに巻かれた旨そうなグジ

「おまかせでグジは出て来るんだろうか?」と

出て来なければ追加すれば良いだけのことなのに

つまらないことが気になりました。

しかし案ずるより何とやら...

そのグジは後でキッチリ出て来ました。

画像

続いて鱧ともう一品が。

すっかり忘れていましたが、

祇園祭を控えて、京都もそろそろ鱧の時期です

画像

そして地元のウニと甘海老が。

地元のウニはどこでもそうですが、穫れ高が少ないので貴重です。

そして、そう思い込む分、味も美味しく感じます♪

甘海老は結構大きいのを使っていたので

ちゃんとした甘海老の味が楽しめました

画像

そしてキス。これも旨かったです。

しかし、ここら辺りまで食べ進めて、

こちらのシャリがやや乾燥していることに気がつきました。

開店早々だから炊き立てのはずで、

たまたまそうだったということは考え難いので

意識的にそうしているのだと思います。

個人的にはそれが舌触りに違和感となって残りました。

画像

そして、つぶ貝と待望のグジが。グジはやっぱり日本海の味。

この美味しさが分かるのは関西に住む者の特権です。

つぶ貝は地元でもたくさん穫れるようでして

北海道のつぶとはまた違う、ややぼけた食感を味うことが出来ました。

画像

最初にあがりと一緒に出て来た器に入ったガリスライス。

手作り感を満喫出来る、うっすらとした甘味がナイスなガリでした

画像

ここで小魚のアラが入った吸い物の登場です。

恐らく厨房で奥さんが作っておられるのでしょう。

お出汁はきちんと取れていました。

奥さんえらい いい仕事をしていますよ

画像

そして、これも小浜では外せない連子鯛。

旨い不味いよりも先に、これは食べて帰らねばなりません。

そういえば、もう一つ食べて帰れなければならない鯖は

どうしたことか、この日は遂に出て来ませんでした。

画像

そしておもむろに供されたのが三方五湖の天然うなぎ。

これは福井のお寿司屋さんにとっては

水戸黄門の印籠のようなものなので、出された方は、

ハハハ〜ッm(__)mと有り難がって食べなければなりません。

これくらいの小ささだと、かえってカリッとしていて美味しいです。

画像

その後穴子が出て来て、これでおまかせは終わりとなりました。

最近は穴子で締めるお寿司屋さんが多くなったように思います。

さて、ここまでのところネタ的には種類も豊富で満足しました。

好意的に言うとシャリも好き好きなので、一概には言えませんが、

気になるのはシャりでした。

これくらい小さいにぎりだと気になる程度で済みますが、

このシャリを太巻きなどに使ったら、果たしてどうなのでしょう?

画像

「何か追加は?」とのことだったので、

ネタケースの中からコハダと蛸を、

それとあるかないかを確認した上で、

トリ貝とサザエを追加しました。

コハダはコノシロサイズ直前でしたが

鮮度が良くて美味でした。

画像

蛸は地ものだけに期待しました。

明石の蛸も美味しいけれど、地ものには地もの特有の

夫々の味があります。

それなのに、

なぜか回転寿司のように薄っぺらい蛸だったので

食べながら泣きました(笑)

画像

とり貝は舞鶴産だそうです。

どうせなら宮津ものが食べたかったけど

それは口に出すことなく、知ったかぶりは控えました。

貝を1つ潰すので2カンになるがそれでも良いか?と言われて

勿論OKです。

わたもにぎってくれて味わい深いとり貝でしたが

磯の匂いが強過ぎました。

画像

そして最後はサザエ。

これは僕が食べたサザエのにぎりの中でも秀逸といえる

美味しいサザエでした。 軍艦の盛り方もナイスです。

画像

こちらのお寿司屋さんの大将は話し易い方で

包丁の腕もそこそこ優れたものを持っておられるので

ネタの新鮮さも加わってどれも美味しく戴けました。

これはもう食べた人の味覚だから説明は難しいけど

僕にとっての問題はシャリでしたね。

帰りに土産の太巻きを注文したので

どこに原因があるのかは分かりました。

画像

でも、すしネタはまだまだありそうなので

機会があったらもう一度行ってみたいです。

なに?もう来なくていいって?(^-^;

そんなこと仰らずに


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
フ〜ム、お鮨のネタは(タコととり貝を除いて)よかったんですね。ところが、シャリは達さんの好みよりドライシャリはお鮨の土台ですから、取り除けるわけにもいかず難しいですね。というか堅かったわけですか。
これはセカンドチャンスを与えるかどうかというところですね。次回にシャリがうまくできていても、シャリ作りのが一定していないということだから、このお鮨屋さんの立場は微妙です。
櫻弁当
2016/07/07 06:06
あれ?上のコメント、「ドライというか堅かったのですか。シャリはお鮨の土台・・・」と書いたんですが、書いた順序がおかしくなっています。
ウィンドウ10にしてからこういうことがちょくちょく起きます。(困る)
櫻弁当
2016/07/07 06:11
櫻弁当さん、ネタも腕もよかったです。
ネタは天の恵みですが、でもシャリはお店の味ですからね。ここがしっくりこないと総合評価が難しかったです(笑)
実は固いだけじゃなく酢〆が浅いというか...
お刺身だけ食べに行く手もあるのですが、昼間からお酒も飲まずにお刺身だけというのも厭味だし(^-^;
シャリが一定していないような力量に見えないだけに不思議でした。

2016/07/07 07:27
櫻弁当さん、その現象最近よくありますね。
ウィンドウズ10のせいだったのですか?
10に入れ替えてから、これまでなかったいろんな症状が出て、こちらでも困っています

2016/07/07 07:31
暑くてすでにバテ気味のこりすです♪久しぶりに美味しそうなお寿司、堪能しました♪達さんも久々のお寿司屋さん新規開拓でしたね♪大きい甘海老ナイスです〜〜美味しそう!!イカも連子鯛もどれもこれも美味しそうです!鰻の苦手なワタシも、このかりっと具合はメチャ食べたいです♪でも薄いたこはかえすがえす残念でしたね〜でもどれも新鮮で、再訪ありですね!シャリが変わってるかもしれないし
こりす
2016/07/07 08:28
こりすさん、なんだかんだ言ってますが美味しいお寿司でした。
田舎町でこれだけのネタが揃っていれば大したものです。
甘海老も大きくて食べ応えがありました。
連子やグジも包丁の入れ方がいいでしょう?
鰻はこリスさんもそのうちきっと好きになると思いますよ
蛸はがっかりだったけど、これを読んで反省してくれるかもしれないから、機会を見つけて是非確かめに行って来ます(^^)v

2016/07/07 09:10
おぉ〜、これはこれは・・・赤身が皆無の白身魚と貝類のオンパレードですねぇ。もちろん、白身も貝も好きですよぉ。この中からどれかひとつ・・・・と言われれば、何を選ぶかなぁ・・・

グジか・・・トリ貝か・・・サザエも捨てがたい。地物のウニもいいなぁ。・・・やっぱりグジを選びますっ!

コチの握りは珍しいですねぇ。煮つけでは食べますね。あー、久々に食べたくなった。
けいつ〜
2016/07/08 19:14
けいつーさん、結果的にだけどホント白身と貝がほとんどでした。
やっぱりグジは旨かったです。それとトリ貝とサザエね。
地元産のウニは食べる機会が少ないだけに貴重です。
コチのにぎりは初めてでした。こんなに旨いものとは知りませんでした。

2016/07/08 21:28
当店は社用で上握りを座敷でいただいた事がありますが、カウンターではいただいた事はありません。
ですので、いつかはカウンターでいただいてみたいものだと思ってました。
この季節らしい握りの数々。店の構えに違わぬレベルだと思いました。シャリは少々残念だったようですが、改めて私も味わいに行ってみたいと思います。
パルマン
2016/07/10 18:24
なかなかの店構えですね。
都会のお寿司屋さんとはえらい違いで。
シャリはお好みに合わなかったようですけど、結局原因はどういうことだったのですか?
ネタの方は良かったようで、小浜の地ものを満喫されましたね。
ぐじは〆てあるのでしょうか?
生だと柔らかくて、握りにくそうに思えますけど。
三方五湖の天然うなぎは知りませんでした。
うな重にして食べてみたいです。
さざえの寿司は食べたことがありません。
さざえは煮てあるのですか?
色が着いてるようにも見えますが。
小浜は無理ですが、どこかで食べてみたいです。
りう
2016/07/10 21:23
すし良、不味過ぎなんだけど。
京都人
2016/09/14 06:49
京都人さんはそう思いましたか。
僕はやまと寿司総本店より美味しいと思いましたよ。

2016/09/30 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
判断が難しかった小浜 「すし良」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる