仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ラーメンseries 北白川 屋台の味「あかつき」♪

<<   作成日時 : 2016/07/21 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
「東龍」は知らなかったけど、その斜め向かいにある「あかつき」は昔から知っていました。しかし外観をみただけで如何にも昔ながらの屋台風だったので、これまで見て見ぬふりを

し続けて来ました。

でもわざわざ「東龍」まで行ったのなら、

この機会を逃す手はありません。

そんなことなので、

白川通りの信号のない場所を斜めに横切って

「あかつき」へと向かいました。

画像

さて、店内に入って行くと、お昼を過ぎた時間なのに

カウンターだけの客席はほぼ満席でした。

お客は常連さんがほとんどのようです。

ちょっとアウエー感を感じながら一番手前の席に座ると

メニューを探しましたが見当たりません。

そこで厨房にいるお姉さんに「何を食べればいいの?」と尋ねました。

画像

するとお姉さんはわざわざカウンター席にやって来て

離れた席にあったメニューを僕に渡してくれました。

なかなか親切な対応です

そんな親切に応えるべく、

普通のラーメンを食べようと思っていた僕なのに

急遽チャーシュー麺に格上げしてあげました。

因みに、麺は自家製の熟成麺だと書いてありました。

画像

すぐに出来上がったチャーシュー麺のスープの色は

思った通り屋台の味そのもものでしたが

飲んでみると結構深みがあって美味しかったのです。

鶏ガラベースにとんこつブレンドのようでした。

画像

チャーシューは口の中で縦に割れて殊の外美味しかったです。

やはり店主が少人数を相手にスープから丁寧に作るラーメンは

同じ屋台の味と言えども、京都の「横」のつく某チェーン展開店とは

味が全然違うことがよく分かって勉強になりました。

人生幾つになっても勉強です

このお店、屋台の味が嫌いでない方にはお勧めです


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ通りにありながら、片方しか知らなかったとは面白いですね♪このいかにもな黄色は確かに主張はしてますね(笑)自家製麺ってすごいですね〜こだわりの店なんですね♪見ないふりをしてきたということは、ほんとは屋台風のお味はお好みじゃなかったのかしら。それとも某チェーン店のせいで嫌いになってたのかしら。でも美味しい屋台のラーメン味わえてよかったですね♪
こりす
2016/07/21 05:08
「屋台の味」に二の足を踏むのは、味がどうこうということではなくて、屋台ではどうやって器を洗っていたかという衛生状態が脳裏にこびりついているからではありませんか。単なる推測ですが。(笑)
でも、このお店のチャーシュー麺は美味しそうですね。
櫻弁当
2016/07/21 05:36
こりすさん、これは運転中の車から見て外観が目立つ目立たないの差だったのでしょうね。
如何にも頑固そうなラーメンに見えますでしょう?
札幌ラーメンは西山製麺とか外注ガ多いけど、京都は自家製麺のお店が案外多いのですよ。
これまで見て見ぬ振りをして来たのは屋台の味を売り物にしてきたからに他なりません。あんなもののどこが旨いんじゃ?って感じですね(笑)
京都はこれまで屋台の味を売り物にする同じようなラーメン屋さんが多過ぎたのです(泣)
今回は目から鱗でしたね。持論を引っ込めて気分に任せて正解でした☆

2016/07/21 08:45
櫻弁当さん、確かに博多の「屋台の味」にはそれを感じますが、京都のラーメンの場合は、昔のラーメン屋は店舗を構える資金がなくて仕方なく屋台で営業せざるを得なかっただけなのに、ノスタルジーに訴えるならともかく、まるでだから美味しいというような論調で「屋台の味」を売り物にしているお店が多過ぎるから、その風潮に対して孤軍奮闘抵抗していたのですよ(笑)
このお店はチャーシューも麺もスープの屋台の味の中では秀逸でした(^^)v

2016/07/21 08:57
屋台のラーメンって
たまぁに突然食べたくなります(^_^)
純子
2016/07/21 10:03
ラーメン屋さんの看板で黄色に赤字って、意外に多いです。松本にも国道沿いのラーメン屋3軒が並んで黄色い看板に赤字だったりします。(笑)

東龍の後にここですか?私のさぬきうどんのハシゴじゃないんですから・・・ラーメン続けて2杯、しかも今回はチャーシュー麺。恐れ入ります。屋台のラーメン、私の子供の頃はまだありましたよ。今考えると、そんなにおいしかったわけでもないと思うんですが、週末の夜に家族で食べた・・・というシチュエーションがおいしかったと錯覚させてる気がします。

この濁ったスープは、いろいろなエキスが抽出されてそうな印象を受けます。細麺に丼いっぱいのチャーシュー、ビジュアル的にもおいしそうですね。

それにしても怒涛のラーメンレポート、すごいですね。私も負けずに頑張ります。(笑)
けいつ〜
2016/07/21 12:53
純子さま、

でも、そちらは田舎だから
夜泣きそばなんかないでしょう

2016/07/21 16:33
けいつーさん、この色はとにかく目立つのでしょうね。
夜暗い国道沿いなんかは目立つのが1番ですもんね。
やっぱりラーメンのはしごは調子のよい時じゃないと出来ませんね。
今回は女店員さんの気遣いに応えてチャーシューにしてしまったから、この量はきつかったです(笑)
屋台のラーメンは懐かしさはありますよね。地方へ出張した時なども旅館の前を夜泣きそばが通ったりすると、わざわざ下駄をはいて表に出たものです。
このスープ、深みを感じる濁り方をしていますでしょう?きっと間違っても客には言えない秘伝の何かが入っていそうな色です(笑)
実際麺もスープもチャーシューも思った以上に美味しかったですよ。
ここんとこラーメンばっかり食べてます(笑)
京都にはまだ20ばかりは食べてみたいラーメンがあるので、僕も頑張ります

2016/07/21 16:45
連食ですね。
達さんご健在のようで、安心しました。(笑)
自家製熟成麺。
良いですね。
熟成感を感じたいです。
屋台ラーメンはピンと来ませんが、丁寧に作れば、良い味になるということは頷けます。
りう
2016/07/28 21:47
りうさん、まだラーメン2杯は軽いですが、ラーメンの後のがっつりチャーシューは流石にきつかったです(笑)
最近は自家製麺が多くなりましたね。
屋台の味は僕もよく知りませんが、京都の老舗は変に屋台の味を売り物にしているので、個人的に反感を持っています(笑)
このお店で食べてみて、美味しい不味いは屋台の味とは関係ないことが分かりました。

2016/07/28 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都ラーメンseries 北白川 屋台の味「あかつき」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる