仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ラーメンseries 「たんぽぽ」の並ラーメン♪

<<   作成日時 : 2016/07/17 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
面白いラーメンがあると聞いて北山通りまで走りました。鷹ケ峰も近い場所にその「たんぽぽ」はありました。裏手の駐車場に車を止めて表に回ってみると、そこには何とも

意匠っ気のない外観の玄関に出くわしました。

創業が1947年と言われる老舗のラーメン屋さんは

よく見ないと入口がどこなのかも分かりましぇん。

画像

いつも混んでいると聞いていたのに、

1時を過ぎて一段落したのか、店内にお客は誰もいません。

これはラッキーととらえるべきなのでしょう

さて、店員さんは如何にもベテランそうな壮年男子が2名。

黒いTシャツにタオルで頭を覆ったペアルックで

静かに僕を迎えてくれました。

僕も静かにカウンター席を選んで座ると、

「ラーメンの並と炒飯!」と店員さんに告げて、

ひとわたり店内を見渡しました。

壁に貼られた短冊に「ニンニク追加出来ます」の文字が

早速「ニンニクを入れてくれる?」とお願いしました。

店内の雰囲気は昔ながらのラーメン屋さんと言った感じです。

画像

しばらく待つとラーメンとチャーハンが運ばれて来ました。

ラーメンは背脂の浮いた真っ赤なスープで

零れそうなスープのひたひた感は半端ないものがありました。

赤い色は粉唐辛子ですが、そんなに辛くはありません。

青葱が山盛りで、すべてがその下に埋もれているという感じです。

初めての僕にはなかなかインパクトがありました。

画像

麺は中細でつるっとした食感でした。

スープはとんこつと鶏ガラの醤油味でしょうか?

よく分からないながら、京都特有の屋台系の味がしました。

ネギまみれ、粉唐辛子まみれのラーメンをまさぐると

底からよく煮込んで味が染み込んだメンマや

トロトロのチャーシューが出て来ました。

チャーシューは4枚ありましたが、2枚は半ば崩れていました。

僕はチャーシューが崩れないように注意して引っ張り出して

それを写真に撮りました。

最近は我ながら手が込んでいます(^-^;

画像

初めて食べた印象としては、見た目よりあっさりしているけれど

結構ボリュームを感じるラーメンで、

所謂京都の伝統的な味でした。

スープも美味しかったけど、もちろん完飲は控えました

そうそう、チャーハンも美味しいとの評判でしたが

僕はチャーハンの食べ歩きは30年に及ぶプロなので、

ちょっと残してしまいました

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
わーお店もラーメンも、インパクトあるビジュアルですねえ!あのそっけない店構え(笑)それに真っ赤なスープ!激辛〜っぽいですよね☆しかも見た目よりあっさりしてるなんて面白い、♪それに比べ、炒飯の見た目は限りなく普通ですね(笑)お味もなんてことなさそうなビジュアルです♪
こりす
2016/07/17 04:58
ほんとにどこから入ったらよいのか迷いそうなお店の外観ですね。(笑)
とてもユニークなラーメンの盛り付けですね。唐辛子粉で赤いのにそれほど辛くないとは、粉末パプリカかもしれません。具を底に入れてあるというのも、よそのはチャーシューなどを並べることが多いので、面白いです。
チャーハンの具は何ですか。
櫻弁当
2016/07/17 08:53
こりすさん、なかなか個性の出た外観でしょう?
こういうラーメン屋さん時々見掛けますが、概して店主も個性が強いので気をつけなければなりません(笑)
この赤いスープは確かにピリッとは来るけれど、そんなに味の邪魔はしないのですよ。
炒飯はね、ちょっとパサッとしていて食べ難かったです
ここへ来る前に焼肉を食べたから、おなかが一杯だっただけかも知れません(笑)

2016/07/17 09:53
櫻弁当さん、よく見れば赤いマットが敷いてあるところが入口なのですが、玄関の戸も規格より小さかったので一瞬戸惑ってしまいました。
面白いラーメンでしょう?これがこの店の定番のラーメンだというから驚きです。
そちらではパブリカを粉末にして使うことがあるのですね。このラーメンは見た目より辛くはなかったですが、そのからくりは分かりませんでした。
具を底に入れるというのは中国の麺に似ていますね。
隠すことで発見する楽しみを期待しているのでしょう。
炒飯の具は細切れチャーシューと青葱だけは憶えています(^-^;

2016/07/17 10:04
怒涛のラーメンレポートアップですね。今回のはビジュアル的にインパクトありますねぇ。まけまけのスープに一面赤唐辛子。ノーマルのラーメンがこれで大丈夫かなぁと思いますが、行列ができるということは、一般的に受け入れられているんでしょうね。

たしかに赤いのは、思ったほど辛くないパターンで・・・このくらいの量ならまけまけのスープに混ぜればさほどでもないのかもしれません。トロトロチャーシューもいいですね

チャーハン、私も好んで注文しますが、おいしい店の確率が低いです。結局、新規開拓よりも、お気に入りの店でしか食べてないですね。
けいつ〜
2016/07/17 12:30
けいつーさん、最近京都のラーメンに凝っています(笑)
でも、この歳になると毎日食べるのは危険です(^-^;
このビジュアルはなかなかいいでしょう?
デフオルトのラーメンがこれで人気が長続きしているということは、好きな人には堪らない味なんだと思いますよ。
確かに支那竹もチャーシューも丁寧に作り込んでいますし、スープも昔からの京都の鶏ガラの強い味で、旨いと思える味でした。
炒飯は僕はラーメン屋では滅多に食べないのですが、ちょっと勢い余ってセットものを頼んでしまいました。
炒飯はやっぱりちゃんとした中華料理店のが好きです♪

2016/07/17 12:50
インパクトありますね。
これが「京都の伝統的な味」とは驚きです。
自分がいかに京都を知らないかがわかりました。
それにしても、手が汚れたでしょう?(笑)
炒飯はドライカレーのような色ですね。
りう
2016/07/23 22:42
りうさん、これが基本のラーメンとはなかなかの凄みでしょう?
唐辛子が伝統の味という訳じゃないのですが、スープの味はそうでした。
お陰さまで手は汚れなかったけど、Tシャツが汚れました(笑)
炒飯の味はくどかったですね。

2016/07/23 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都ラーメンseries 「たんぽぽ」の並ラーメン♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる