日本一の鰻 「かねよ」の特錦糸重♪

画像
過日雪の日に逢坂山を通った時にふと思い出した「日本一のうなぎ」の「かねよ」に、名物の錦糸重を食べに行きました。駐車場に車を止めると、この日はお座敷ではなくレストランの方に入って行きました。

随分辺鄙な場所なのにいつもお客で混雑している「かねよ」のお座敷には

やはり1人では申し訳ないような気がして入り難いです。

画像

座敷じゃない方は2度目でしたが、常連客のような若干デカイ態度で

受け付けのおばさんに「やぁ!」とか言いながら店内に入って行きました

画像

「どちらでもお好きな場所に」と言われたので、一番奥のテーブル席に着き

桜茶を持って来てくれたおばさんが「決まったら呼んで下さい」と仰るのに

「もう決まっているから」と答えておばさんの退去を許さず

実はそれから注文する品をメニューの中から選びました

画像

本当に決まっていたのは特上の錦糸重だけだったのですが、

もう一品は鯉の旨煮を注文しようと思いながらも咄嗟に名前が出て来ず

記憶力の減衰を思い知らされました

おばさんが痺れを切らして「鯉のあらいですか?」と助け船を出すのを

「いや違う」と否定しているうちに鯉の旨煮を思い出したので

取り敢えず鯉の旨煮を注文して、その後

「やっぱり鯉のあらいも頂戴」と前言を翻してしまいました。

画像

こちらの鰻は浜松産だそうですが、それにしてはあまり美味しくないです(笑)

でも、出汁巻が乗っているのが面白いのと、鯉料理が美味しいので

時々食べに来たくなってしまうのです。

画像

おつゆは肝吸いと湯葉吸いのいずれかを選べると言うことだったので

今回は湯葉吸いを選びましたが、

思ったものとイメージが違ったので少しばかりがっかりでした。

まあ、期待しても期待通りのものは出て来ないのが「かねよ」の特長で

怪しからんと言えば怪しからんのですが、

何となく許してしまうのが「かねよ」の良さでもあるのです

だいたい「日本一の鰻」という看板からしてけしからん大風呂敷ですから

本気にする人は怒って2度と食べに来ません

画像

帰り際に店の前の道路に出ると、

以前は見当たらなかった鰻の顔出し写真のボードが置いてありました。

何故だか急に顔を出して撮ってみたくなったので、

掃き掃除していた店のおばさんに頼んで撮って貰おうかと思いましたが

お酒も飲んでないのに粋狂が過ぎると思ってやめておきました

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年03月17日 05:01
「かねよ」なら錦糸丼ですよね。
私は「かねよ」製たれの味がイマイチ物足りないんです。
あっさりしているというか・・
あっさりしているから出し巻き玉子をのせても合うのかもしれませんね。
2014年03月17日 05:10
度忘れって、時々ありますね。忘れるはずのない物事を度忘れすると、焦ります。
日本一のうなぎの達さんの評価が「うなぎは浜松産にしてはそれ程でもないけど、鯉料理は美味しい」とは面白いですね。
2014年03月17日 05:43
のほほさん、そうですね。一番上等の特だけは錦糸重と言うそうです。丼じゃなくお重で出してやると言う有難い思し召しですね
タレはね、僕はタレダクが好きだから、「足らなかったら足して下さい」と言われて持って来る小瓶のタレを殆ど全部ご飯にかけて食べるのでちょうど良いかも知れません。
確かに出汁巻との兼ね合いもあるのかも知れませんね
2014年03月17日 05:56
玉子焼きと鰻と両方味わえて楽しいですね。
おまけに鯉料理まで、、^^
鯉料理はどこでもある訳ではないので馴染が薄いですが、昔長野の佐久で食べたものは比較的おいしいな、と感じました。
来店記念の写真、とても商売上手なお店ですね。
2014年03月17日 05:58
櫻弁当さん、この頃ちょっと度忘れの度が過ぎるように自分でも思うのです
鰻は浜松産が一番良質と言われて尊重されているのですが、漁獲量では養殖物の一色産や愛媛産が絶対的に優勢なのですね。そんな中でわざわざ良質の浜松産をウリにしている割りには浜松産らしい美味しさがないという意味で、かねよは不思議なお店なのです。
一方の鯉はブランド物でも何でもないのに普通に美味しいと言う、営業戦略にちぐはぐを感じさせるところが何とも田舎臭くて愛すべきお店なのです


2014年03月17日 06:05
エリザベスGさん、誰が考え出したのか鰻重の邪道とも言える錦糸玉子。これが名物となってしまっての毎日の繁盛ぶりです。
確かに鯉料理の美味しさに釣られて訪れる人も多いようです。
鯉は関東では浦和近辺の鰻屋さんで見掛けますね。
長野の鯉料理は垢抜けのしない地元料理ですが、それならではの美味しさがありますね♪
来店記念のボード。いつかきっと顔を出して撮ってみます
こりす
2014年03月17日 06:59
ん~これって錦糸卵じゃないですよね~日本一の大風呂敷がまあいいや的雰囲気になっちゃうんでしょうか(笑)でも謙遜すぎはまたつまらないのでこれがかえって良いのかしらん☆彡ワタシは鯉がまだ未食なのであらいとか煮物とか興味シンシン美味しそうです♪顔出し看板に顔出したくなったなんて・・・ちょっと目が点になってしまいました(笑)
2014年03月17日 09:00
鰻に出しまき卵がのってるのは
珍しいですね。
美味しそう。
日本一の大風呂敷を広げてる・・には
笑ってしまいました。
自信たっぷりなところがいいですね。

顔だしの看板、今度はぜひやってみて
くださいね。一杯飲んでからかな?
2014年03月17日 09:10
こりすさん、どうみても錦糸卵ではないと思います
そうすべてが大風呂敷の虚構の中で成り立っているお店なので、何でも許してしまえる雰囲気があるのです
鯉は淡白で美味しい魚ですよ♪
そちらならどこか川魚料理屋さんがありそうなので一度探してみて下さいね(^^)v
顔出し看板、こりすさんと一緒に写真撮りたいけど、顔出し穴が1つしかないんですよねぇ
2014年03月17日 09:14
ぽりんさん、昨日は如何でしたか?
この鰻重珍しいでしょう?日本に1つしかないから日本一なのかも知れません
そうそう自信たっぷりだと騙しおおせるものです
それを愉しむ関西人も大人なのでしょう
顔出し看板、やりますとも
2014年03月17日 14:41
こんにちは。
大風呂敷の鰻屋さんでもまた来たくなるお店って
なんかおちゃめです。
ずっと昔は実家でも家で鯉の甘煮を食べてたものですが
今はとんと食べる機会はなくなりました。
懐かしいです(*^^*)
2014年03月17日 15:05
ぺぱーみんとさん、騙されているように感じてもまた行ってしまうのは、従業員に騙してる気はさらさらなくて、みんないい人達だからだと思います
そう言うお店って少ないですよね。
鯉の甘露煮って何となく懐かしい味ですよね。
都会では殆ど食べる機会がなくなりました。
2014年03月17日 17:56
こんにちは~♪
小旅行から帰って来ました。
錦糸重+鰻=とても美味しそうです!
かなりボリュームがありますね。
鯉はあらいも甘煮も美味しいですよね。
顔出し看板のうなぎさんが面白いです(*^^)v
2014年03月17日 18:18
おばさんとの駆け引きが面白いです♪
日本一の鰻☆ なんとなく写真からも物足りなさを感じますが、なるほど組み合わせは面白いです(^^)
看板から顔を出している達さんの写真が見たかったです♪
PS.顔出し位置は何故この位置だったんでしょうかね?
2014年03月17日 19:14
ミモザさん、おかえりなさい(^^)v
今度はどちらにお出掛けでしたか?
この錦糸重は結構ボリュームありましたよ。
鰻はそんなに美味しくなかったけれど、ご飯に鰻のタレを一杯かけて食べました
鯉のあらいはコリコリとして美味しいですね♪
甘煮も久し振りに食べました。
顔出し看板、色がなかなか好いでしょう?
2014年03月17日 19:19
キャプテン、僕も機嫌が良い時はおばちゃんキラーになるのですよ(笑)
こちらの鰻は特上と言っても三千円くらいなので文句は言えないのですが物足りないですね
でも、組み合わせが独創的でしょう?
顔出し、今度チャレンジしますね。
きっと急なことで置く場所がなかったのだと思いますよ
2014年03月17日 19:51
鰻の横に出汁巻き卵のお重なんて初めて
知りましたし、初めて見ました(^^;
何故か目だけでお腹が一杯になる様な気
がしました。
又してもお初を見させて戴きました<(_ _)>
2014年03月17日 20:25
ルイさん、初めてのものが多いでしょう?
最近は麺類ばっかりだったので、ルイさんに見て貰おうと思って逢坂山まで走って来ました
確かに見るだけでお腹一杯になるのは分ります。
恐らくこの玉子巻のせいなのでしょうね。
また珍しいものを探検に行って来ますね(^^)v
デブ厳禁
2014年03月17日 20:45
在職時は、グリーン車しか乗ったことがないと言いながら、リタイア後は、普通車で東下り。
2014年03月17日 21:01
デブ厳禁さん、それはお気の毒な
2014年03月17日 22:40
錦糸重という割には、厚焼き卵が乗っていて、つい吹き出してしまいました^^
鰻のタレが少ないような・・・。
また、食べるものが決まってないのに、仲居さんを待たせているのは、達さんらしいとつい思ってしまいました^^
鯉の旨煮が、出てきてよかったですね~^^
鯉の旨煮は、こちらでは見かけませんね~^^
お味の方はいかがでしたでしょうか?
2014年03月17日 22:47
夢さん、シャレのような鰻重ですが、これが錦糸丼や錦糸重としてこちらのお店の名物となっていて、人気があるのですよ。
正直な感想は底上げみたいなものですが(笑)
鰻のタレは別に醤油差しみたいなものが付いて来て、足りなかったらかけるようになっているのですよ。
僕も最後はタブタブにかけてご飯を食べました
記憶喪失からすぐに戻れてよかったです♪
鯉の旨煮はしっかりとした味付けでとても美味しかったですよ。
2014年03月18日 07:05
出汁巻きのインパクトがすごい! 鰻との相性はあうのかしら?
日本一の看板は誇大広告というよりギャグかしら(笑)
実は鯉を食べたことがないのですが、美味しそうです。
2014年03月18日 07:49
みやさん、相性は全然なところがミスマッチですごいです
まあ関西流のギャグですが、京都でこういうギャグは珍しいです。
鯉や鯰って上手に調理するお店で食べると美味しいですよ
2014年03月18日 11:42
うなたまが好きなので
別の京都の場所でこのお店行きました。
厚い座布団のような卵焼きがのってるうなぎでしたョ。
鯉の旨煮興味あります。
ナマズの揚げたものも好きなんですが
このお店にもあるんですかね~
2014年03月18日 12:45
デナーダさん新京極のお店ですね。
初めて見た時は驚きましたでしょう?(笑)
鯉料理も美味しいですね。
鯰は残念ながらこのお店にはないのですよ。
僕は浦和の鰻屋さんで時々食べます。
2014年03月18日 18:15
かねよはいくつも店舗が有るんですね。
前も書きましたが、大津のお店に行く予定が台風のせいで、果たせませんでした。
鰻と鯉は付き物ですね。
旨煮はとても美味しそうです。
卵が入ってるようにも見えますが、どうなんでしょう?
きんし丼は、鰻好き、出汁巻好きの達さんのために在るようなメニューですね。笑
2014年03月18日 19:30
りうさん、恐らくここが大津のお店だと思うのですが。
関東では鰻と鯉は付きものですよね。
でも、関西では必ずしもそうではないようです。
恐らく仕入れや文化の違いなのでしょうね。
旨煮はそんなに大きな鯉ではなかったですが、卵が入っていましたよ
錦糸丼は派手なことの好きな僕のためにあるように思いました
2014年03月21日 09:17
こんにちは・・・

この「錦糸重」はインパクトありますね。
ぜひ食してみたい一品です!

それにしても「日本一」には(((笑)
「日本で二番目に・・・」ってのも
見た事がありますが・・・
それも逃げ腰で、やっぱり(((笑)
2014年03月21日 18:54
いっこん堂さん、こんばんは。
インパクトありますでしょう?僕はこういうの好きなんです(笑)
日本一も図々しいけれど、二番は姑息な感じがしますね(/_;)