青森 「天ふじ」の夜♪

画像
夕刻青森空港に降り立つと、珍しく乗合バスに乗って市内へと向かいました。新町辺りでバスを降りると、これぞ年金生活者のあるべき姿だと自らに言い聞かせながら、宿泊先のJALシティへと歩きました。

この夜は「寿司一」にするか、「天ふじ」にするか、かなり迷いましたが

ネタの質では格段の差がある「寿司一」は敢えて避けて、

人当たりのよい大将がいて雰囲気が楽しい「天ふじ」を選ぶことにしました。

画像

19時前にブログ友のジャミンがホテルまで迎えに来てくれたので、

一緒にタクシーで「天ふじ」へと向かいました。

ホテルのロビーでは、僕が目の前にいるにも拘らず、

ジャミンはきょろきょろと僕を探しておりました(笑)

ジャンパーにジーンズにハンチング、

そして髭面の変装姿はここでも大成功を収めました

画像

さて、間もなく「天ふじ」に着いてタクシーを降りると、

これまで気がつかなかった2階の壁の看板を写真に撮って、

おもむろに玄関の暖簾を潜って店内に入ります。

この日は予約客は僕達だけだったようで、カウンター席は全て空いていました。

貸切です

席に着くと、グラスビールを注文して、大将と先ずはご無沙汰の挨拶です。

画像

大将には不釣り合いな品の良さそうな奥さんが

筍の味噌和えと法蓮草のおひたしのお通しを運んで来てくれました。

先ずはジャミンと1年振りの再会を祝してです

お通しは例によってあっという間に食べてしまいました。

そして、いつものようにお刺身から

画像

大将が「2人で摘んで下さい」と言いながら、

こぶ〆の平目とぼたん海老、北寄と赤貝、トロと大きな漬け数の子を

僕が男皿女皿と呼んでいる大きな四角い硝子のお皿に盛ってくれました。

しかし、旨いですなぁ

刺身は青森に限ります

画像

ビールは1杯だけにして、冷酒に切り替えました。 

始まりは田酒から

そこへ奥さんがお漬物を運んで来てくれたので、早速ピーマンを摘みました

画像

暫くするとアワビのバター焼きが供されました。

アワビは出来れば刺身で食べたい僕なんだけど、

腸を使ってバターで炒めたアワビも捨て難い味なのです

画像

美味しい料理にお酒も進みます。

田酒から、大将秘蔵の大吟醸「稲村屋文四郎」に切り替えました。

このお酒はB級グルメの焼きそばだかで有名な黒石の産だそうです。

黒石と言えば

僕は夜中に煌々と電気を灯けているパチンコ屋しか知らないのですが、

見掛けによらず結構いろいろ旨いものがあるようです。

画像

さて、そうこうするうちに「天ふじ」名物のイカの儀式が始まりました。

先ずはお皿の上に捌いたばかりのゲソが置かれて、

僕がカメラを構えるタイミングを見計らって、大将がゲソ醤油を垂らします

イカゲソは

切り傷に沁み込む醤油の痛さに耐え兼ねたように踊ると言う趣向なのですが、

それにしても動物虐待と言うか、結構趣味の悪い遊びです^^;

画像

その後、

冒頭の写真の、透き通ったイカの耳とイカの胴体がにぎりで供されました。

これは誠に旨いです

そして、この儀式を合図にしたかのように、

お刺身の時間は終わりを告げて、にぎりの部へと移りました。

先ずは赤貝のひもからです

画像

そして、子持ち若布

黙々と食べているジャミンにも同じものを。

粒の揃った子持ち若布はメチャウマです

画像

そして、大将お奨めのホタルイカのにぎりが...

しかし、ホタルイカは青森では珍しくても、

京都では富山のホタルイカがふんだんに手に入るので、珍味とは言えませぬ。

でも、そんなことは億尾にも出さずに

「旨い、旨い」と褒めるのも人付き合いと言うものです

画像

ウニは自分の意思で注文しました。

最近の気の利いたお鮨屋さんでは、

ウニは海苔で巻かずに海水ウニで出すところが多いですね。

画像

そして、ネタケースの中に横たわる太い和蛸の足をみつけた僕は、

大将に「吸盤をにぎってくれる?」とお願いしました。

吸盤を所望するなんて、我ながら通ですなぁ

大将も嬉しそうに応じながら、上手に吸盤のついた皮をにぎってくれて

その上に甘だれを刷毛でチョンチョンと塗ってくれました

画像

そして、今回はお酒のあてとしては出て来なかった蟹の爪

ネタケースを指さしながら、大将に「蟹の爪はにぎって貰えるの?」と尋ねてみると

画像

最初は何故か渋っていた大将が、急に考えを変えたようで、

1つの爪から2カン取って上手ににぎってくれました。

蟹の爪のにぎりは特に旨いと言うものではありませんが

注文したものを大将が取り敢えずにぎってくれるということが

常連さんへの辿る道だと思えば、意味のあることなのですよ

画像

さて、これまでは酒の肴でしか食べたことがなかった

天ふじの漬け数の子もにぎって貰いました。

真ん中から2枚におろされてしまったけれど、それでもボリュームたっぷりでした

画像

ここまで食べて、そろそろお腹もくちくなって来ました。

そんな雰囲気を感じたのか、

大将が「〆の味噌汁飲みますか?」と聞いてくれたので、

「青森のお味噌汁を飲むと平均寿命が青森県民並みになるからなぁ」と

露骨な嫌がらせを言いながらも、それでも「頂戴」と所望しました

画像

お味噌汁は見事な十三湖の蜆汁でした。

関西では松江の宍道湖の蜆が有名ですが、

青森の十三湖のシジミはそれに勝るとも劣らない優れものです

普段は通ぶって貝汁の貝は食べない僕も、

十三湖の蜆は、ついつい爪楊枝でつついて食べてしまいました(^^ゞ

最後はトマトでお口直し。

ああ、幸せな夜でした。 ジャミンとも久し振りに会えたし

大将、来年雪のあるうちにまた来ます

死なないで待っていて下さいね(^_-)-☆

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年04月28日 04:50
またまたすごく美味しそうなものを・・・あぁ、うらやましい。
達さんを知っておられるはずのジャミンさんがきょろきょろ探すのを、達さんはさぞ面白がって見ておられたのでしょう。
生きのよいものを食べるという習慣は、あまり世界全般でもないようです。ずっと前、お世話になったアメリカ人のご夫婦を中華料理店に連れて行ったことがあります。タンクにはいった生きた蟹だか魚だかを料理してもらって食べましょうと勧めたら、奥さんから絶対いやだ~と断られてしまいました。イカの醤油儀式は、US ではうけないかもしれません。
トマトがデザートというのは変っていますね。
こりす
2013年04月28日 05:16
あ~ん美味しそう~~ワタシも、ただひたすら「あぁ、うらやましい」デス☆彡いかもたこもたまらんですねえ~。醤油たらしの刑は(笑)あれはやっぱ鮮度なんですよね?虐待でなく(笑)ただの化学というか生態反応かしら。蟹の爪は蟹汁ようだったのでしょうか?大将も葛藤するようですね♪時に青森空港・・・千歳から飛んでるんですか?飛んでたんですね・・・近いんで青森まで飛行機で行けるって思ってませんでした(笑)
2013年04月28日 05:35
大きな赤い角皿で、このお店、達さんが以前行かれていたことがわかりました。
美味しそうな握りは、仕事が綺麗になされていますね。
珍しかったのは、青森のお味噌汁の色と筍の味噌和えです。
木の芽味噌ではないみたいですね。
青森の蜆は、随分立派だし、合わせ味噌なんですね。
ryu
2013年04月28日 06:04
ジャンパーにジーンズにハンチング・・・。
青森では目立ち過ぎでしょう(笑)

刺身は青森ですね。
イカが旨そうです♪

今度は立ち食い蕎麦じゃなく、達さまの紹介だと云って「天ふじ」行ってみます(*^^)v

ジャミン様、介護お疲れ様でした(ウソ)
2013年04月28日 06:12
青森の海産物は本当に美味しそうですよね。同じ海のものなのに、知名度的には函館に水をあけられている感が否めないです。

お味噌汁はやはり塩味が濃かったのでしょうか?平均寿命の短さも青森が誇るもののようですから(笑)
2013年04月28日 06:25
とてもお気に召されたようですね♪
青森というと、ヽ( ´∇‘)ノにとってまだ未踏の地ですので、大間のまぐろや石川さゆりの津軽海峡冬景色くらいしか、知識がないですw
青森のお魚は、美味しいのですね~!!
__〆(..)メモメモしました♪
2013年04月28日 06:28
青森県の方々が聞いたら、とても喜びそうな言葉がずらりと、、、
でも、写真と達さんの説明、本当に心からおいしいと堪能された様子が手に取るように分かりますね。
回るお寿司屋さんが寿司屋だと思っている人が多い今ですが、たまにはこういった本来のネタの良いお寿司をいただきたいものです。
シジミ汁がおいしそう~~。
2013年04月28日 08:01
櫻弁当さん、青森の魚貝類は生で食べると、感覚的な物言いですが最高に美味しいんですよ♪
西欧人がそう言う反応を示すのはキリスト教の食生活に関する倫理的な影響があるのかもかも知れませんね。
ジャミンを騙せたのは愉快でしたよ。
でも、そういう愉快犯的楽しみにもそろそろ飽きて来たこの頃です(笑)
トマトも近頃デザートに出しても不都合じゃないほど甘くて高価なものが出回っているのですよ。(@_@)ですね♪
2013年04月28日 08:06
こりすさん、このお店の料理は羨ましがっても当然のように美味しかったですよ
僕も今回はわざわざここへ行くために千歳から青森空港まで高い航空券を買ったみたいなものですから
飛行機飛んでいるんですよ。本来丘珠から飛ぶべき距離なんだけど、千歳から(笑)
イカげそはね、あれは神経細胞の反応なんでしょうね。
でもそう言うところを利用してショー化してしまう日本人は残酷です
2013年04月28日 08:10
のほほんさん、印象的なお皿ですよね♪
仕事はとても丁寧で、下準備もしっかりとしたお店です。
筍は京都から取り寄せなんですって。木の芽和えにしないのは、この時期木の芽が自生していないことや食文化の影響でしょうね。
お味噌汁の色はカメラのフラッシュが影響しているからママじゃないと思います。もう少し黒っぽかったかな?
2013年04月28日 08:14
ryuさま、青森では我ながら田舎者に見えました
青森の魚介は旨いです。それも安物の店ではなく、寿司一とか天ふじとかで食べるべきですね♪
是非一度行ってみて、仙台の蔵いちのような贔屓のお店にしてあげて下さい。
ジャミンにはお世話になってしまいました
2013年04月28日 08:59
ちしゃねんこさん、青森と函館は海峡を挟んで同じものが獲れるのですが、知名度の差が値段の差にもなっているので、同じものを食べるのなら青森で食べる方が随分安い値段で食べることが出来るのですよ♪
寿命のことはね、青森県人には冗談でも触れられたくないことみたいですよ(笑)
2013年04月28日 09:01
夢さん、こちらは美味しくて楽しいお店なんですよ。
大間の鮪も美味しいですが、何と言っても地元の新鮮な魚貝が美味しいです♪
石川さゆりも好いですが、是非とも天ふじにも行ってみて下さい(^^)v
2013年04月28日 09:05
エリザベスGさん、嬉しさが込み上げて来るのが分るような今日のブログでしょう?
そう、回転寿司には回転寿司の楽しみがありますが、お鮨はやっぱりね
でも、僕の子供達は子供の頃から志げる寿司で本物のお寿司を食べさせているにも拘らず、回転寿司の方が気が楽だと言って志げる寿司には行きたがらないので人夫々です
2013年04月28日 16:30
秋田まではいきましたが
青森にはまだ到達していません。
これを見たら絶対くべきですよねえ。
はあ~ε=(・д・`*)…美味しそうです~
2013年04月28日 17:27
ぺぱーみんとさん、仙台から青森は近いようで遠いですからね。何か必要がないとなかなか行く機会に恵まれませんよね。
でも、青森は食べ物だけじゃなくて思ったよりもずっと良いところですよ♪
2013年04月28日 19:41
青森でお刺身のお店に入った事が
有りましたが確かに美味しかったと
記憶しています。
改めて青森に出掛けたいと思いました(^^;
2013年04月28日 19:47
ルイさん、札幌も美味しいけれど、青森の魚貝の味はまた格別です。
僕は青森には毎年冬に行きたいです♪
ミモザ
2013年04月28日 22:29
こんばんは~♪
いつも青森産は美味しいと仰っていたのが
分かりやすく説明して頂きどれもとても
美味しそうです。
達さんはイカ好きだから堪らないですね。
アワビのバター焼きを食べてみたいです。
それに達さんお勧めの子持ち若布も
食べてみたいですね(*^^)v
ジャミンさんともお会い出来て楽しい時間を
過ごされましたね
2013年04月28日 23:00
ミモザさん、こんばんは。
青森の魚貝やラーメン、ご存知の通り僕は大好きなんですよ♪今回もちょっと無理して千歳からとんぼ返りしてしまいました。
イカもアワビも子持ちも赤貝も、みんな美味しかったです
ジャミンにも久し振りに会って旧交を温めることが出来ました♪
2013年04月28日 23:24
いやいやいや~☆
ただ美味しそうに見えるだけではなくて良い仕事してる感がありますねぇ!
味は当然でしょうが、色彩や盛り付けに繊細さが伺われます♪
そしてなによりお客様の要望に答えようとする姿勢が本物の職人魂を感じます☆
2013年04月28日 23:33
キャプテンこんばんは。
そう思いますでしょう?
そう言うところがこのお店の評価なのですよ。
仕入れや下準備に相当時間を掛けていると思われます。
そうですね、職人気質大好きです♪
2013年04月29日 00:13
もうなんだか豪華お寿司のフルコース
みたいでしたね^^
ウニをそのまんま乗せてるのって、
普通は見かけないですね。
どのメニューも
お店側の自信が伝わってくるような
感じがします♪
2013年04月29日 00:32
どらさん、端正できれいなお刺身とお鮨でしょう?
京都からは遠いけれど、このお店は機会を作ってでも行ってみたいお鮨屋さんなんですよ。
ウニは普通は軍艦巻きにするものだけど、このウニはミョウバンで処理する前の海水に浸けただけの生うになんですよ♪
純子
2013年04月29日 22:22
バスの乗り方
お分りでした??
2013年04月29日 22:39
純子さま、
交番で聞きました(*^_^*)
2013年04月30日 00:07
刺身は青森に限るとは、胸にグサリグサリと刺さりました。タコの吸盤もイカゲソの足も凄かったです。
2013年04月30日 09:23
まりりさまんしょんさん、刺身は青森に限るは禁句でしたか?(笑)
しかし、久し振りに地場の魚を満喫しました。
2013年05月02日 23:15
寿司一さんは行きたかったけど、時間が遅くて、疲れてて、断念したお寿司屋さんです。
5年間青森に通って、結局食べず仕舞。
今年は南に営業です。
天ふじさんも立派なお寿司屋さんですね。
店名は天ぷら屋さんみたいですが。
十三湖のしじみは大好きです。
十三湖の湖畔で青森県警のネズミ捕りに捕まったのを懐かしくかつ悔しく思い出します。
2013年05月02日 23:46
りうさん、寿司一は一度でも行っておかれればよかったですね。天ふじもいいですよ。やはりネタは寿司一丹軍配は上がりますが。
十三湖のしじみ、僕も大好きです。
僕は弘前は鍛治町のスナックのママが懐かしいです♪
業界No.1のChrome Hearts クロムハーツ スーパーコピー レプリカ専門店
クロムハーツ(Chrome Hearts)
人気のクロムハーツのコピー商品通販!新作クロムハーツバッグ・財布などの商品や情報満載!人気、実力ともに日本N0_1の本格的なブランドシルバーアクセサリレプリカ専門店です。-純銀屋
当店ブラックシンフォニーでは、直接全米のクロムハーツより定期的にアイテムを取寄せて販売しております。
入荷の情報に関しましては、その都度当店の入荷ブログにて写真つきで更新しております。
ChromeHearts クロムハーツ スーパーコピー S級 レプリカ通販。
クロムハーツ財布
クロムハーツバッグ

クロムハーツサングラス
クロムハーツアクセサリー 等、
スーパーコピー 売る ピクスタ https://www.buykopi78.com/menu/PinpaiType-14.html
2020年02月23日 08:51
当店はブランドコピーブランド商品専門ネットショップで、
私達は長年の実体商店の販売経験を持って、あなたのために品質最上のブランドコピー時計、ブランドコピーバッグ、ブランドコピー財布。
製品はされています高品質と低価格で提供,
★N品質シリアル付きも有り 付属品完備!
全品全国送料無料。
客を歓迎して買います!
2020年05月06日 07:20
★2019年最高ブランドコピーブランドの美品が大量入荷超人気!!!★
★各種の人気ブランドコピーブランドお客様に選択を提供します。
秀逸な素材と抜群な作工は完璧に融合します。
しかも、色々な商品をお客様に提供しています。
この中で貴方の好きな商品を選ぶことができます。
お客様の需求に満足する為に、最高なブランドコピーブランド品とサービスに提供されます。
お客様の喜びさせることを保証します。
お客様を歓迎して当店をご光臨賜ります
誕生日プレゼント https://www.yutee007.com/brand/list-125.html
SALEが開催中
◆ブラントコピー人気通販店の大SALEが開催中◆
弊社は長年の豊富な経験と実績を持ち、
ブラントスーパーコピー品の完壁な品質を維持するために、
一流の素材を選択し、
精巧な作り方でまるで本物のようなな製品を造ります。
また、お客様のご注文商品を責任を持ってお届けいたします。
激安ブランドのオーデマピゲ腕時計 https://www.watcher0769.com/watch/menu-pid-25.html
2020年05月28日 02:46
女性大注目ロレックスコピー
ルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、クロエ、プラダ、 ブルガリ、ロレックス、カルティエ 、オメガ偽物(コピー商品)のブランドのバッグ、財布、腕時計の販売、通販。
様々な選択、お客様の持ちべきものですから、皆様を歓迎して当店をご光臨賜ります。
ブランドコピーのバッグや財布など最新作から定番のものまで多数販売中!
店長お薦めは以下の商品:
グッチスーパーコピー,グッチ偽物バッグ,グッチ バッグ コピー,グッチ 新作
スーパーコピー商品 https://www.yutooz.com/product/hot-0.html
スーパーコピー時計N級品

ブランドコピー※スーパーコピー専門店、ロレックス、ルイ・ヴィトン、ウブロ、カルティエ
フランク・ミュラーなどの新品
、商品は100%の品質保証。専門ショップ・時計一」
「お客様第一」という信念を持ち、弊社は商品の値段を安く提供することに成功したため、
皆様を楽しくお買い物いただけるよう、心を込めて最高なスーパーコピー品をご提供
海外スーパーコピーのスーパーコピー
スーパーコピー時計、貴金属の(リサイクル品)のスーパーコピー販売・買取

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
その他の世界一流スーパーコピー https://www.yutee007.com/protype/list-165.html