根室「鮨半」♪

画像
根室に着いて一旦ホテルに落ち着くと、フロントに出てタクシーを呼んで貰って、やがてやって来たタクシーの運転手さんに、落ち着いた雰囲気のお鮨屋さんはないかと聞いてみました。本当は「鷹」という

お鮨屋さんを事前に調べておいただけに、

ここで1つミスを犯したことになりますね。

というのは、運転手さんが連れて行ってくれたお店は水曜日が定休日で(-_-;)

次いで連れて行ってくれた鮨半は、明らかに運転手さんが適当に選んだ店と

感じたからです。

もっともだから鮨半がどうこうと言う問題ではないところが

私の話の難しいところです(^^ゞ

さて、お店に入ってみると、

このお店、根室駅からすぐのところにあるということで旅行客が多いようです。

先客が3組いましたが、話の内容から全て旅行客のようで、

1組の夫婦ものは常連客のような雰囲気でした。

カウンター席に着くと、ビールを注文しながらネタケースを眺めましたが、

魚の種類は少ないようです。

その中から、めぬけとおひょう、ツブ貝、それとしま海老を注文しました。

画像

それぞれに美味しかったけれど、ひとりの食事は何とも間が持たないものですな(^^ゞ

店の大将も人は好さそうなんだけど、口は重そうな人で、

こちらの質問にしか答えてくれないって感じです。

まあ、根室の人はみんなそうなのかも知れないけど...

まあ、それは兎も角淡淡と食べて、淡淡と飲んで

さいはて根室の夜は更けて行ったので、

画像

ちょっとにぎりも食べておこうと、秋刀魚と旨そうに見えた鮭と

中トロを注文して、この後好物の蛸と数の子も握って貰いました

そしてふと黒板を見ると、ウニいくら丼の文字が...

「なんだ、早く行ってくれよ」って感じで大将に作ってくれるように頼むと、

「なんだ、まだ食べるのかよ」って感じで、「小さいのも出来ますよ」と

親切なことを行ってくれました♪

勿論丁寧にお断りして作って貰ったのが冒頭の写真。

これは掛け値なしに美味しかったですよ


そうそう、赤魚のような魚の煮付けもつきだしとして出て来ました。

画像

この記事へのコメント

盗人宿おかみ
2009年08月16日 22:30
RSSリーダーの更新が表示されないですね。biglobeの職員の盆休み明けの明日には復旧しているでしょうね。

海鮮丼だけかと思ったら前座というより海鮮丼が落ちですか。

さすが北海道、半分の大葉の上のワサビは造作の無い物の
このボリュウムたるや圧巻です。
さぞや満足されたことでしょう。

おひょう、この辺ではしばらく店頭に並ばなくなりましたね。最もフライでぐらいでしか食べたことがありませんが。
2009年08月16日 22:59
おかみさんのところは何か不調がありますか?
僕んところはそんな自覚症状はないですが...
後から見ると、この丼の量は半端じゃないですね(^-^;

何でも後から気がつく私なのです。
2009年08月16日 23:52
たとえばおかみさんが素敵な人だとか...
2009年08月17日 01:25
・・・そうなんだ。
2009年08月17日 04:28
やっぱりそれは勘違いってことですかねぇ、けいつ~さん(^o^;
2009年08月17日 07:16
ウニ・イクラ丼はボリュームがありますね。
北の大地のはどれも美味しそうです。
見ただけでお腹が一杯になりました。
さぞかしご満足で良かったですね(*^^)v
2009年08月17日 08:44
ミモザさん、食べている時はそうも思わなかったのに、よく見るとなかなかのボリュームですよね♪
厚岸で生牡蠣や炙りを食べた後だけに、
若干小食になってしまいました(・_*)\ペチ

2009年08月17日 11:48
これでもかっってくらい美味そうな魚介の記事が・・♪
うにも美味しそう♪
う~ん♪早く食べたい♪
2009年08月17日 12:13
達つあん。
ちょっとぐらい文章がおがしいがらって
年寄りいじめるでねーーよ。

本人はいたって絶好調なんだがら。
2009年08月17日 12:20
ジャミン、ちょっと写真は下手だったけれど、実際のウニいくら丼は観光地じゃない分ボリュームがあったよ(^-^)
でも1人じゃなぁって感じもしたけど。
2009年08月17日 12:24
おかみさん、年寄って僕の方がずっと年上でしょうが(^^ゞ

絶好調ならなによりです(^^)v
2009年08月18日 22:34
色々と召し上がった後でウニイクラ丼ですからねぇ、満腹中枢が壊れたのかしら、でもどうしても食べたいう達さまの気持ち分かります、その場所でしか味わえない味覚ですものね。
2009年08月18日 23:03
futaroさん、満腹中枢は壊れたのではなく
鍛えてあるんですよ♪
もう二度と来られないかも知れないという
緊張感が心地よい満腹感をもたらしてくれました。