仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「憶江南」♪

<<   作成日時 : 2009/07/27 19:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
ちょっとした自慢なんだけどこの10年間に僕たちが開拓した香港の餐庁のうち10軒が「地球の歩き方」とか「個人旅行」とか「るるぶ」とか「いい旅・街歩き」に紹介されるようになりました。

紹介されるようになってからも、未だにその店で日本人に会ったことがないという

ネイティブなお店もあるけれど...

ここ半山区はスタントンSt.にある「憶江南」も、そんなお店の一つです。

半山区の一帯がSOHOと呼ばれるようになった当初から

また、今や香港隋一のナイトスポットとなった蘭桂坊が

まだ海のものとも山のものとも定まらない頃から、

白人達に交じってこの街に香港ドルを落とし続けて来たという

フロンティアにも似た心意気が私にはあるのです。


それは兎も角、

この憶港南は、7年前に発見してから既に何度か訪れているのですが、

最近はその趣味の良さと江南料理というジャンルの魅力から

白人客を中心に商売も繁盛を極めているように聞いていました。

画像

さて、今回は日本から直接予約をしておいて、

マカオから戻ると、一旦ホテルに戻って服装を整え、それからタクシーを走らせました。

店に着くと、日本でいうところの女将さんが快く迎えてくれて、

窓際の予約席に案内してくれると、

画像

今回は「あれを食べろ。 これはどうか?」といろいろ世話を焼いてくれました。

そんなことで女将さんの意見を取り入れた結果、

全体的にベジタリアンのような料理になってしまったんだけれど、

連れが老人と中性脂肪を気にするご婦人だったので、

それも好いかと許容しました。

画像

さて、取り敢えずのビール♪

このお店はビールは青島ビールしか置いていないから、

連れの2人には青島ビールを頼みましてね。

青島ビール嫌いの僕は最初から加飯酒を飲むことにしました。

加飯酒は紹興酒みたいなものなんだけど、紹興酒よりはベタッと甘いお酒です。

画像

おつまみは干した梅干しと湯がいた落花生。

北方系の料理には湯がいた落花生が出ることが多いですね。

画像

僕は最初から専門家のようにカメラを駆使しまくっているし、

年配の同行者は隣の席にムービーを設置して録画をしているものだから、

お店の方も、これは只者ではないと思ったのか、

私のプログのURLを教えて欲しいと頼んできたり、

画像

オーナーがわざわざ出て来て、我々3人の写真を撮らせてくれと言って来たり...

只ならぬ気配になってしまいました。


そうそう餃子も出て来ました。

香港の餃子は皮が薄くて柔らかいけれど、

北方系の餃子は皮が固くて大きいのが特徴です。

蛇足ですが、

一個余った餃子は、当然のことのように僕が食べてあげました(^_-)

画像

さて、今夜の料理。

こ店の名物料理の一つであるうりの炒め物に始まって、

(その前にきゅうりのうす塩もみが出たけれど)

これもとても美味しい海老の揚げ物に一同思わず舌鼓を打って、

これも女将さんが奨めてくれた豚肉の味噌炒めを旨い旨いと堪能して、

至福の一歩手前のひとときを満足裡に過ごすことが出来ました。

画像

さて、そろそろお酒はやめにして、我々が上品な徒であるところも見せなくちゃと

お茶を注文することにしましてな。

この夜は壽眉茶を所望しました。

画像

このお店、

やはりこの夜もお客さんは白人が主体で、日本人は居なかったみたい。

注文した品数も珍しく案外少なかったので、

必殺のポリ袋を持ち出す必要もなく、

少し足りなかった分、揚州炒飯を追加して、

画像

さあ、蘭桂坊に行こう!と疲れているみんなを励ましながら

女将さんに「毎単」と告げたのでありました。

画像

因みに、お支払いは908HKDでした。(不含チップ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
黄金のようなチャーハンは美味しそうですね。

それにあの土瓶のようなものは酒器ですか茶器ですか。
盗人宿おかみ
2009/07/27 19:33
おかみさん、炒飯美味しそうでしょう
あれはお茶が入っている土瓶ですよ。
洒落ているでしょう

2009/07/27 19:40
達さまの自慢、ホントすごいですよ〜、先駆けですもんね!地球の歩き方とか、ホントたくさんの人が見るし実際参考にしますもんね!昔は必需品だったけど、今もその地位は衰えてないのかしらん(いっとき「地球の迷い方」とか言われていた時期が…)★あの桶がビールで茶器が酒器。面白いですね〜。湯で落花生も…ご飯や煮物と一緒に調理する私ですから驚かないようで…やっぱちょっと驚いてしまいました(笑)餃子も、蒸しても餃子なんですね〜。餃子も蒸すと相当プリプリですね!鳥の唐揚みたいと思ったのが海老なんですね、美味しそう…(おなか空いてきた…)私もラフィーネがワコールショップって知りませんでした
こりす
2009/07/28 05:14
こりすさん、やはり自慢してもよいことだったのかしらん(^_-)
地球の歩き方は今も毎年買って参考にしてますよ。
あまり意味はないんだけど中毒みたいなものです(^o^;

このお店雰囲気も料理も器も洒落ているでしょう?
僕のお気に入りの一軒なのです(^^)v

2009/07/28 06:18
旅行前に買う本が(地球の歩き方)(るるぶ)
ですが、本に紹介とは凄い事です。
と言う事は、やはりかなりの味覚の持ち主ですね。
ブログを見て、内容を読んで知っていましたよ!
私はミーハー的で本で紹介した所によく行きます。
本日の紹介のお店もかなりランクが上ですね。
どれも食べてみたいです!
ミモザ
2009/07/28 07:34
ミモザさん、本が紹介してくれる店があることは旅行者にとってはとても助かりますよね。
でも必ずしも満足出来るところばかりではないのも事実なので、情報やつてを頼りに本に載っていない美味しいお店を探すのが半ば生き甲斐になっている今日この頃なのです(^o^;

勿論失敗することも多いんですけどね(^^ゞ

2009/07/28 08:13
あぁ、どれも涎が出そうです。さすがに瓜をこういう風にお料理するのはチャイニーズっぽくて素材を上手く生かしていますね。本に紹介されていると言うのは達さんの食通ぶりが証明されたわけですね
futaro
2009/07/29 09:47
いやいやfutaroさん、単に長年試行錯誤を繰り返して来た結果ですよ(^^ゞ

しかしこの瓜を炒めた料理はグッドですよ(^-^)

2009/07/29 12:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
「憶江南」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる