ミッドレベルの青空マーケット♪

画像
陸羽茶室で必要以上に血糖値を上げてしまった私達は、万歩計の歩数を稼ぐ必要もあって、スタントンストリートからハリウッドストリートに向かう上り坂に展開する朝市を見物することにして、

ぶらぶらと歩き始めたのでありました。

このマーケット、蓮香樓で飲茶を食べた後などに

たまに散策するんだけれど、

今回は馴染みの3人という気楽さもあって、

ゆっくりと写真を撮りながら、徳輔道辺りまで歩きました。

魚をぶった切って並べている魚屋さんがあるかと思えば、

画像

発泡スチロールを生簀にみたてて活魚を売っている魚屋さんもあって...

日曜の朝だというのに賑やかなことです。

画像

賑やかと言えば、鶏の足をぶった切ったものが

プラスチックの籠に山盛りだったり、

画像

鶏の肝と思しき物体が、

露店で干してあったりして...

何ともまぁ生々しい

画像

八百屋や乾物屋をやり過ごし泣かせら暫く坂を上って行くと、

赤ピンクっぽい独特のランプに照らされたお肉屋さんが...

画像

こちらは豚の脚♪

何となくげっそり...

画像

そんな中、お巡りさんも巡回に来たりして...

なかなか大変です。

画像

そして野菜屋さんの集まっている一角に出ると、

中国産のいろいろな野菜が売られていました。

画像

中にはこんなに綺麗な中国産のあさつきや

セリなどが並んでいて、

何だか安心して食べられそうな錯覚に陥りそうです(・_*)\ペチ

冗談ですよ、冗談(^-^;

画像

僕はこんな風景の中を歩くのが好きだから、

マーケットがたくさんある香港では退屈することがありません。

最後にさっきまでピクピクしていたのに

今や力尽きて死にかけている魚たちを...

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月14日 23:50
香港記事がずらずらーっと並んでいて、ここまで一気に読んでまいりました。
懐かし~い!のひとことです。昔住んでいたころには、まだ中国の農薬の恐ろしさなんて知りませんでしたし、日本のものがほとんど入手困難なこともありましたから、こういう市場で現地のモノ(中国のモノ)を買っておりました。豚肉は、まさにこの吊るしてある姿から、
「ここをプンカンちょうだい」
などと指さし確認でカットしてもらって買ったものです。豚のヒレ肉とかロースの部分などを見分けるのですが、冷蔵庫にも入っていないどろーんとして肉で、皮やら産毛がついていると、ゾゾーってな感じでこわごわ調理しましたっけ。
九龍城の近くに住んでいましたから、九龍城市場までミニバスで行って、たっぷり農薬のかかった野菜をありがたく食しておりました。
そのうちにガンになって死ぬと思います。私。

さて、遡ってコメントしてこようっと。
カサブランカ
2009年02月15日 00:17
もちろん日本だって豚も食らえば牛も鶏も頂きますけれど、原形の扱い方は幾分多分に・・ことなりますよね~、沖縄あたりへ行くと似た感じか、いや~、違いますね。魚にしても砕いた氷の上でピクリと動いているのと、日光当って干上がりながら笊の上で動いているのとでは随分違う感じがするのは私だけ~!なんてね。 ぶった切って血が滴っているのが売りなんでしょうね、やはり日本人っていいよねぇ~、ですか。実際の解体作業は同じなんでしょうけどね、肉を魚を頂いているんですよ、我々は、達さんはより多く、ですね。(-_-)zzz
2009年02月15日 00:31
yu mama、九龍城の市場も随分大きいですね。
僕は九龍の「創發潮州飯店」によく行くから、
昼間あの市場の一階と二階を隈なく踏破したことが
ありましてね。
それとコーズウェイベイの市場とか。
ちょっと凄惨って感じもするけど、見飽きることは
ありませんね(^_^)
実際に買って料理したことはありませんけどね。
2009年02月15日 00:35
(-_-)zzz
カサブランカさん、まだ起きていますよ(^_^)v
魚も捌けない近頃の日本人には身の毛もよだつ
光景に映るかもしれないけれど、
やはりこれはまさしく異文化ですね。
鶏だって生きたまま足を縛って買って行きますしね。
イカをさばくのとどこが違うの?って感じなんでしょうかね(^^ゞ
2009年02月15日 05:16
わ~い♪市場大好き♪♪♪いろんな見慣れたもの見慣れないもの並べ方さまざま楽しいですよね!どこに行っても好きです♪オーストラリアでは動物虐待法なのか、痛みの神経のある生き物の生き造り禁止らしいですけど、さすがにここと際立つのはそこですね★確かに死んでから数日たったほうが美味しい…というのとは意味が違いますが(笑)
りっちゃん
2009年02月15日 05:20
すごいぶった切りですね!!
こういうのを「これください!」って買う気には

私の脚も売れるかなぁ
2009年02月15日 08:02
りっちゃんの脚は、恐らく非売品って看板つけて展示だな。
りっちゃん
2009年02月15日 08:28
カッコいい脚だから?
売るのもったいないって
2009年02月15日 08:39
売れないけど珍しいからだと思うよ(^^ゞ
2009年02月15日 08:45
さて、こりすさんおはよう♪
香港のマーケットは日本の朝市ってのとはまた違うけど、必死で売ろうという気もないし、実際には売りたいんだろうけど茫洋として待ちに徹している姿には
やはり人種の違いを感じますね。
香港当局にとって、これは決して観光資源でもないんだろうけど、僕はこういう場所に身を浸すのが好きだな。
gucci
2009年02月15日 08:48
活きの良すぎるお魚ちゃんを、
地面に叩きつけて、
その元気を奪っているオバチャンの姿が忘れられません。
写真を撮ろうと思ってチャンスを窺っていたのですが、
オバチャンも気配を察してか、
その後暫くは他のコーナーに行ってしまいました♪

私も、キレイな発色の果物をみた時に、
そのまま食べられそうな錯覚に陥りました^_^;
2009年02月15日 08:55
あのおばちゃんの写真は持っているんだけど、
あの叩きつけられていた魚の写真は撮り損なって
しまってね
しかし野菜にしてもそうだけど、
目を見張るような色彩の新鮮さは日本が既に失って
しまった大地の恵って感じで感動的だよね。


けいつ~
2009年02月15日 10:10
香港の市場はまだきれいでいいですよ。こっちの中国の市場は・・・・汚い・・・・ほんとに全然掃除なんてしたないなぁ・・・と思います。

そんななかに皮をはがれて胴体がまっぷたつになってる犬とか・・・その横にかわいい子犬もいるんですが・・・・生きてるカメもまな板の上で甲羅バリバリはがされたり・・・・最初見た時はちょっとショックでした。ワニやヘビも当然のようにいるし、入口にキレイなアヒルのような水鳥もサクの中にいたので、一瞬、ペット市場かと思いました。全部食べるんですね。(笑)

鳥インフルエンザの恐怖があるので、鳥の解体には近づかないようにしてます。
2009年02月15日 10:16
確かに
香猫とがいう猫まで血抜きして売っているしね
特に広東省は強烈ですなぁ...

この記事へのトラックバック